2023 (1)
2022 (16)
2021 (15)
2020 (16)
2019 (15)
2018 (15)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

Taiwan HO-HAI-YAN GONGLIAO ROCK FESTIVAL 2012

2012.9.8.

diaryyyyyyyyyyyy…追い着かなければ・・・(汗
それは、7月のお話し。
東名阪TOURとB-T TOUR PARADEを無事に終え、
D’として3回目となる台湾への演奏旅行に行って参りました!
今回は、とてもとても有名なBig Festivalに呼ばれたのでした〜(嬉
そして、どうせ行くならノンビリしたい派な僕は、
単独で前前乗りし、翌翌日帰りに行程を変更!
台湾には友人も居るので、ゆっく〜りしたかったのでした。

7/12-/17の5nights6daysの珍道中でっす!
いざ!!!

day.1
もちろん!開通したHaneda APT〜Songshan APTコースに決まってますよね!?
都内でも台北でもaccessとっても便利っすから。
羽田はガッツリ七夕モードでした〜
この映画を観て〜
こんなご馳走を食べて〜
こんな大海原にウットリしながら到着!



























アチ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(w
大行列に並んでtaxiを待って、
空港からhotelまでは、taxiで15分!
キョロキョロしてるうちにアッと言う間っす。
hotelにcheck in後、通訳と合流し、期限切れてたSIM CARDを新調しにGO!
そのまま打ち合わせをし、その夜は、THE Taiwan Foodをいただきました〜
コレが今回第1発目のLurou fanだね!(w
友人Johnsonとも合流!
cafeで寛ぎ、hotelに帰って即安眠、、、





















day.2
なんだかんだ出国前がお約束で大忙しだったので、
たっぷり寝てしまい、午後から動き出す!
台北のアキバ経由Legacy行き。
毎年恒例のことだが、アレの続編を買う!(w
LegacyにてManagerにご挨拶。
ぜひぜひ次回はココでやりたいな〜〜〜っと!

























































気付くと夜になっていて、腹ごしらえへGO!
今まで台湾本家で行ったことのなかった「JinDinRou」へ。
これまた「DinTaiFung」に続き、日本でも食べれるお店だが、
味はぜんぜん違うからね〜〜〜
本家で比べても「JinDinRou」が圧勝でした!















続いて、JohnsonとHarryと合流!
3人で温泉に行くことになりました。
途中、北投(Beitou)にて、Taiwan名物を喰らいましたよ〜
コレはguide bookには載っていないので、
外国人が居ない感じで穴場っす!
「水龜伯古早味」と言うお店です。
しかも!この店舗にしかないmenuがあるので、
行った際には、ぜひぜひtryしてくださいね!

































そのまま陽明山(YangMingShan)の方に向かい、北投温泉へ。
何軒も何軒も温泉が並んでいるけど、
どうやら色々試したようで、行きつけが決まってた!(w
それはそれはイイお湯だったな〜〜〜
なんと、この魔法の成分(硫黄中の硫黄!)は、
世界でも、この北投と玉川温泉しか出ないらしい!
3人でジックリ汗を流したのであった。















その後、士林夜市まで戻り、夜食time!(w
僕が大のLurou fan好きなのは・・・誰もが知っている。
そこで毎回、コレがNo.1!と言うのを必ず連れて行ってもらうんだけど、
現状、前にJohnsonが買って来てくれたLurou fan(弁当編)がNo.1だったんだけど、
Harryと共に、ココ!ってお店があったようなので、連れて行ってもらった。
と、お勧めの漢方のプ〜ス〜!と、青菜付き!(w
これまた・・・美味しかったっす〜〜〜
その後、引っ越してしまった先の市場へ。
ココでもちょこちょこ食べちゃって・・・
満腹君になって、hotelに戻りました。
ガッツリ!ご馳走様〜〜〜


































































day.3
さ!今夜はmemberとcrewがやって来る日!
それまでの時間、午後から西門町へ。
駅で一生懸命ドラムを叩く少年が印象的だった〜
さり気なくまたLurou fan・・・(呆
が、実はそろそろ鶏肉飯(ジーローファン)を探していたのだった!
その後、中山付近のサ・ジ・マ!
これが意外にも混んでいて・・・
hotelでmemberを出迎える予定が、逆にちょい遅れとなってしまいました〜
JohnsonとHarryも合流し、
いざ!宴会へ!(w





















day.4
いよいよFes当日!
と言っても、出番は夜の8時なので、
hotelを出発するのは夕方です。
その前に昼から、現地雑誌の取材と撮影を!
Fes会場は、新北市という車で1時間半くらいの所。
がしかし、渋滞が予想されたので、2時間半前に出発でした〜
生憎の空模様・・・
でも、会場付近は晴れてましたよ〜〜〜






























現場に着くと・・・興奮MAX!
20万人と言われてたのが30万人だと言うではありませんか〜
僕らはトリ前でしたが、どうやらトリを務める五月天(MAY DAY)と言うbandが、
台湾ではカリスマ的人気らしいです。
MAY DAYに感謝しなくては!ですね〜
crewは昼間から入ってくれて、入念なcheckとRHを・・・(感謝。
僕らは、ぶっつけ本番です!(w
現場では、撮影と取材があり、バタバタ・・・
僕の相棒であるSON-4は、夕陽を激写していました〜
味が出まくり・・・(w
現地には、Pearl Taiwanのcrewがsetを用意してくれました〜
いつもAZS!
おかげさまで、僕が日本から持ち出す機材は少量で済むのです。
1回目の台湾公演の時に、Opening Actを務めてくれた、
R’AIE XIIIのdrummer Leiも会いに来てくれました!





















そして!Kickin’
55minの演奏時間・・・アッと言う間でしたね〜
30万人の前でRHなしのぶっつけ本番!
らしいじゃありませんか〜〜〜(爆笑
度胸がもの言う圧巻のstageだったかと思います!
気持ちよかった〜〜〜
最後は・・・慣れない花道に行っちゃいましたよ!(w


















気持ち良いstageだっただけに、終演後、悔しいことも起きたけど・・・
まあまあそこは・・・気持ちよさに免じてOKとしましょう!
仲裁に入ったおかげで、より交流も深められたかと・・・(w
それにしても、RHなしでぶっつけでやるにあたり、
僕の相棒、SON-4は完璧な仕事っぷりでした。
時間が思いっ切り制限された中で、あそこまでやってもらえると・・・
あとは己がぶっ叩くだけ!と奮い立たされるのみです。
この場で、あらためて感謝したいっす!(照
僕があそこまで興奮出来たのは、彼のおかげ!と言っても過言ではありませんから。
そして、hotelに戻り、夕食会へ!
すでに24時とかだったかな!?
美味しいもの三昧!
〆の豆乳〜(w







































day.5
さて!みんな帰国してしまいました・・・
昨日、無理矢理当日ノリをしてもらったhair makeのMikitaroは居残り!
さすがに1泊じゃ可哀想ですからね・・・
夕方まで自由行動し、夕方から、JohnsonとHaryyに頼んで、
台湾プチ観光を組んでもらいました!
この日、僕はhotelを移動〜〜〜ちょっと御褒美っす!(w
と言っても、結果、あんま部屋には居なかった気が・・・




































check inしたものの・・・
ちょっとbedにバタン!(w
外はかなりのsquallだったこともあり、ノンビリしちゃいました。
Johnsonがhotelに迎えに来てくれて、GO!
天気が心配だけど、目指すは陽明山のThe Topっす。
前にも行ったことがあるけど、
あそこからは、台北のすべてが見えますからね〜〜〜
相変わらず、素晴らしい景色でのdinner timeでした!













































その後、どうしてもMikitaroにもアレを食べさせたく・・・
再びあそこに寄ってもらいました!(w
JohnsonとHarryは翌日仕事なので・・・
士林夜市まで送ってもらい、またの再会を誓い!byebyeし、
深夜の味方!THE NIGHT MARKETを二人で練り歩き〜
Mikitaroが早朝便で帰るので・・・徹夜の覚悟を決め・・・(w
深夜26時・・・サジマを探し始めました!
辿り着いたとこは・・・ちょっと怪しい感じでしたが・・・(w
まあ!この時間帯・・・こんなもんっすかね!?!?!?と納得。
最後に台湾のうどん?で〆て、各自hotelに戻りました!
その後、Mikitaroは無事に徹夜で帰国したようです。
僕は・・・hotelに戻って即気絶しました〜(w








































































day.6
フラフラながらも定刻起床!
check outし、そのままhotelでlunchして、
いざ!早々と空港へ〜〜〜
で、、、これが誤算・・・
夕方便だったので時間はたっぷりあったんだけど、
lunch食べたら、さらなるフラフラ君になったので・・・(w
こりゃ早めに空港行って、check inしてLoungeでノンビリしよう!
と思ったら・・・check inが搭乗の90min前だったんですよ・・・
日系のAir立場弱し・・・的な、よく海外では有るパターンですね〜(汗
と言う訳で空港lobbyにて2時間ほど待機・・・というオチ。
おかげさまで、松山空港には詳しくなりました!(w
入ったLoungeは、ちゃんと台湾風で感動〜〜〜
クタクタ君は、無事に搭乗し帰国するのでした!






















































帰りの機内では寝たり起きたり。
外を見るたびに景色が変わるので・・・
チラチラ見ちゃう感じだった!
ガッツリ寝の体勢なんだけどね〜(w
七変化最高だったな〜〜〜







































無事に帰国!
税関をクリアすると・・・
そこには軽く呆けて待っててくれたGuts君!
何やら報告があるとかで・・・その場で伺ってみると、
彼は・・・
ぼ、ぼ、僕が一番大事にしてたcymbalを6枚ほど忘れて来たと・・・
よりによって廃版品で現在入手不可能なモノ・・・
え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(大泣
もうちょっと早く言ってくれれば、1日滞在多かったから探せたのに・・・
と言う強烈なオチ。
それは・・・今現在、まだ発見されておらず・・・
未だに祈ってる状態なのだった!
トホホ・・・・・・・・・・












とまあ、素晴らしく貴重な体験が出来た5泊6日だった!
またあんなFesに参加してみたいな〜〜〜
ぶっつけ本番!大歓迎。
あの緊張感は、確実に血となり骨となったはずだし、
終演後のあの気持ちが忘れられない!
もっともっと味わいたいね〜












旅好きな僕にとって、+LIVEがあるなんてそりゃ最高だ!
それは、もちろん国内でも同じ事。
今月末からいよいよ始まる全国TOURが楽しみでならないよ〜
アッと言う間に終わっちゃうんだろうし、
ガッツリ楽しまないとね!
と、
頑張って、日記追い着かないとだ・・・(汗




c ya sooooooooooon !

GREATZ UPPER