2024 (4)
2023 (16)
2022 (16)
2021 (15)
2020 (16)
2019 (15)
2018 (15)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

The Tour Final – AX

2003.2.14.
2003.02.06. Shibuya AX
過去にない緊張感と大きな感動を味わった。

長い2ヶ月間だった。
この日の夢を何度か見たんだけど、とんでもない夢ばっかで、、、
間違ってBLITZに行ったり・・・、致命的な寝坊をしたり・・・
興奮しまくってたんだろうなー
体調には、これでもか!ってほど気を配った。よけい具合悪くなるんじゃないか?位に・・・
前夜なんて睡眠薬を飲んでまで寝た!(笑)
30カ所中、唯一自分の車で会場入りをしたAX!
自己始まって以来の安全運転!
絶対絶対AXに行くんだ〜〜〜って、命賭けて向かったね!(笑)
入り口から会場楽屋口までゆっくり走ると、大勢のみんなが待っていてくれた。
あの光景は一生忘れない。

AXに入ってからは興奮気味であまり覚えてないけど、
リハーサルを終え、本番直前、SEが流れる前からCRAZE callが巻き起こった。
どれだけ力が沸いたか!これは口では説明出来ないけど、
最高!って何度も叫んだ。
この瞬間に生きてるし、この瞬間が大好きなんだ。
メンバーもスタッフも客席のみんなも、同じ顔をしている。
何をしてる時よりも最高な瞬間!
そしてshowが始まるんだ。

recording RHがあったために、体を慣らす事から入れたのは助かったな。
いきなりLIVEのメニューをこなすには、やはり体力不足だったと思うし、
新曲を考えると言う、アタマの体操と勘を戻す事も出来た。
いい流れのリハビリだった!
が、自分の中で27カ所+2カ所を回ったtourの締めくくりに、何か足りないものがあった・・・
それは、LIVEの空気間や流れだった。
あれだけギッチリやった体は、アタマの回転より早く手足が判断してくれたからな・・・
自分の中でも2ヶ月の時間を埋めようと必死だったし、日本中をグルっと回った集大成を出したかった。
不安・・・って言うか、振り出しに戻ったのでは?と、自分に問う、、、
どうしてもから回ってしまい、2/4の最終RHでも、自分で納得出来る流れがつかめなかった・・・
気の問題だろう、あさってにはstageだ。
何か吹っ切れない不安の前夜に、出した答えは、
stageに出て、あそこに座ればすべてが見えるはずだ!って事。
いくらアタマで考えても、仕方がないんだ。
あそこに座って、目の前にいるメンバー、袖にいるスタッフ、そして客席を見れば、
思い出すだろうし、むしろそれ以上のplayがきっと出来る!と、自己暗示のような自信を持った。
この、強い、”LIVEがしたい!!!”って気持ちを信じようと思った。

終わってみれば、真っ白だった。
気持ちよかった。
楽しかった。
最高だった。
いつもと変わらず、次の事を考えていた。
イイLIVEをやればやるほど、次が楽しみだし、越えるハードルも高くなる。
納得いかない夜もあれば、心から酔える夜もあって、結局、ぐるぐる回ってる。
またtourに出たいな!

ありがとう!

追伸:
LIVE後、rec作業に戻り、TDまでの作業を済ませたよ。
これから、vの編集もあるし、masteringや、vのTDもあったり、、、
30カ所の編集って大変そうだよな・・・全箇所入れたいし、off映像なんて全箇所楽しいよ!
編集中、泣かないように気を付ける・・・
すぐに4月のeventがやってくる!!!
5月には、new maxi singleとtour document DVD&VHSが出ます。
って事はまたtour!?(笑)