2024 (4)
2023 (16)
2022 (16)
2021 (15)
2020 (16)
2019 (15)
2018 (15)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

American Chicken Walk in Great Western Forum

2002.1.13.
待ってました!!!
この旅のmain event!AEROSMITHです。
何と、special guestがCheep Trick!ほっぺたを抓りたくなるような夢の競演です。
ここ2日ばかり、寒くなってきたL.Aですが、今日は体の芯から暖まりそうです。
実は、Americaで、hallのbig concertを観た事が無くて・・・
まあ少々、昨日のBryanで勉強しましたが・・・(笑)
Great Western Forumは、LAXの近所で、少々治安が・・・難有りな場所です・・・(汗)
FWYを降りた途端に、黒人のブローカーが、道の真ん中に立ちはだかり、ticketの売り買いをし、
copyのtシャツを10$で、さばいてました。これがけっこういい出来で・・・(苦笑)
会場には、車社会L.Aを彷彿させるうん万人が止めれる、巨大parkingがあり、早くも雰囲気を!
出口渋滞を避けるために、ちょっと歩いた路上に停めて、歩いて会場に行きました。
会場に入る列とその列の最後尾に向かう人が、すれ違うときに、”AEROSMITH”とshoutしながら
hi-touchを交わすんですよ!!!これには参りました・・・
早くも泣きそうになり、早くも鳥肌が・・・
客層は様々・・・年齢もほぼ全種類・・・cowboyからindianからarmy,navy,
おじいちゃん、おばあちゃん、モヒカンの子供まで・・・
車と言えば、conboyにキャンピングカーにリムジン・・・
早くもノックアウトでした。
約30分ほど並んで、厳重な警備(金属探知器や飛行場と同じgate)をpassして場内へGO!
まずは、marchanのコーナーに走り、Cheep Trickのtシャツとバッジとステッカーをget!
seatに行ってみれば、な、な、何と、back stand!(感激)
これには運命を感じました!普通なら正面から見たいのでしょうが、drummerの僕にとっては、
drummerのback shotが見えるなんて、信じられないseatなのです。
しかも3列目!MC中は生音が聴こえましたよ!!!!!!!!!
ここで早くも泣いてしまいました・・・
言葉にならない最高のshowでした。
曲も王道を連発!はっきり言ってあまりの興奮で覚えていませんが・・・
ベテランの息を越えた、まるで宇宙人のようなCheep Trickのperformanceが終わり、、、
AEROSMITH callが始まりました。
stage上は必死に転換作業をしていて、今のうちにとトイレに走り込んだところ、、、
隠れもせずに、happaを吸いまくる若者達を発見!(笑)
こっちでは、たいして珍しい光景でも無いので、通りすがりの人も不思議な様子はありません。
むしろ、いっぱい吸い込めよ〜〜〜とでも言わんばかりの大人達・・・(爆笑)
これもAmericaの不思議な文化で、タバコを吸う方が白い目で見られます・・・(苦笑)
日本では考えられないな・・・
AEROの時は、色んなseatに移動してみました。
stageも当然だけど、オーディエンスの表情とかもいっぱい見れて、勉強になった。
これもあまりの興奮で覚えて無いんだけど・・・(笑)
内容に関しては、近々、日本公演も控えているので、詳しくは遠慮しておきましょう!
僕の感想は、、、
BushよりもS,TylerのがAmerican Symbolに見えたのと、、、
Securityも売店の売り子も、みんな唄いながら踊りながら仕事をしていた事
もしかしたら、AEROのメンバーよりもオーディエンスのがカッコよかった事
最後にJ,Perryが国歌を弾いて、メンバーもオーディエンスも天を仰いだ事
とても貴重な宝物になりました。
ますますAmericaが好きになったし、強烈なenergyを感じました。
感無量。

追伸
帰りがけのオーディエンスは、皆、Chicken Walkでした。(笑)














Good fuckin’ night !