2024 (4)
2023 (16)
2022 (16)
2021 (15)
2020 (16)
2019 (15)
2018 (15)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

日本人に向けられた素敵なサービスです。二零零零年五月二十三日

2000.5.23.
五一五零-タダになるブツって何処やなん?(笑)-


こんちわー
こんちわー
テスト中——-テスト中——-壱、弐、参——–僕が聞こえますか?
壱、弐、参————テスト中 テスト中 僕が聞こえますか?
皆さん ?
皆さん こんちわー
テスト中——-

やあ! GREATZ UPPER のラヂオだよ!.
みんな元気?
私はワインが死ぬほど好きなデミアンさ!
今かかっか曲、変テコリンな曲やんね〜〜〜!?
(ため息)こんなん日本じゃ、受け入れられへんて・・・皆さん!どう思いますか?
私には理解出来ません!
まず、日本のオリコンチャートには歓迎されへんやろうし・・・
が、しかし、伝説とは、このようにして疑問から創られて行くものだし・・・
伝統とは、こうやって打ち破られて、ぶち壊されて行くもんだよね!
この曲”愛の唄”は、文字通り愛の込もった愛の唄だそうです!
全世界の死んじまった伝説の不良音楽家達に捧げられた曲だそうです・・・
それって、ボン・スコットだったり、カート・コパーンだったり、ジミー・ヘンドリックスだったり、
尊敬してやまない松本秀人だったり・・・
私には、何の事だかさっぱり分からないけど・・・
作者は、こうも言ってました・・・
この国では今から3年後に理解されるだろう!と・・・
ところで、歌詞の中に”ファック”と、ありますが・・・(汗)
ちょっと”ファック”なんて言っていいんですか?
”ファック”って使っていいんですか?
私の国では、使ってはいけない言葉です。
ヤバいんでないかい?<ニヤリ>
ファック! マザーファッカー!<大ニヤリ>
アッ ヤバ!
行かなくっちゃ・・・
そろそろ、愛するクリスティーンと公園に日向ぼっこしに行かなければならないので!
また、来週逢いましょう!
いよいよリッキー・マーティンがスタジオにやって来ます!
リッキー・マーティン!?信じられないゼ・・・(大笑)
楽しみさ!
そして、いよいよ、あのバックストリートボーイズにも交渉中!
マジかよ?

じゃあね!
行って来ます!
デミアンがお送りしました!
GREATZ UPPERのラヂオでした。
これは不正な放送局です。
しかし、どこに行けばタダなんだろう?

五一五零 日本で一番惚けて尖った音楽局!

サヨオナラ