2019 (10)
2018 (15)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

grateful for everything!

2017.5.30.

ただ今、絶賛!全国2days TOUR中!
と言っても、LIVE前日には、各地でin storeが入っているので、
全国3daysと言ってもいいかもしれない。
始まる前は、地元密着型で〜ゆっくり出来まくるのかな?と・・・
思ってたものの、始まってみると、慌ただしい日々でなかなかゆっくり出来ていない。
昨深夜、大阪から戻ったけど、
現在、第4週が無事に終わっている。
4.22 PITも含めたら、とても濃いい9公演を終えたところ!
イイLIVEをやっている?とか、そういうことは観た人が思うことだけど、
僕らは日々BESTを尽くし楽しんでいるよ。

初日に選んだ岡山公演2daysではNew ALBUMから念願の初披露を!
振り返るにはまだ早いけど・・・w、やはり新曲初披露の緊張感はたまらないものがある。
D’ERLANGERらしからぬ緊張感があり、もしかしたら初々しかったのでは?
とも振り返れるね。
あれから回を重ねるごとに、新曲も徐々にベールを脱ぎだしているかもしれない。

第2週となった福岡公演、これまた2回目となるお披露目も・・・
それはそれで緊張感があるものなんだ!
それに対する、もう1日のset listである、集大成の日も、
関わってくること絶大。
新曲お披露目の日に対して、集大成はさらに大暴れの集大成となっているね。
やはり2日間で1SETで完全燃焼しているわけだ。
第1週岡山では何かと業務もバタバタし忙しかったので・・・
福岡では、食いしん坊っぷりが大爆発したな〜w

第3週の金沢公演では、鳴りの小屋!ということと、
前日のin storeが楽しすぎて・・・そこから何かが変わった気がするな。
正直、全国制覇を狙っている方々は大変なんだろうな・・・と心配になる。
毎回CDを買っていただいているのだろうし、in storeに来るくらいなら、
もちろんLIVEも2days来てくれているだろう・・・財政的にも心配で心苦しい。
回を重ねるとそんなことも毎回思いながら、金沢人が多くきてくれたこと、
ちょっと驚いたくらい!嬉しかった〜
サインをしていても、LA VIE EN ROSEの最終プレスとか多かったのが印象的!
あんなにキレイに保存してくれていて・・・大事に持っててくれてAZS〜〜〜
サイン入れるのも勿体ないくらいだった。
そんな気持ちと、鳴りの小屋でのLIVE!
燃えないはずがなかった金沢2days!

そして、ちょっと前に終えた第4週の大阪公演。
よく海外のアーティストと話すと、
「なんでオサカの客はあんなに馬鹿なんだ?《と言う。
もちろん最大級の褒め言葉だよね!
いつもはTOUR終盤にあり、あ〜〜〜もうすぐTOUR終わっちゃう・・・
って気持ちもありながらオサカに挑むことが多く、
なんかいつも哀愁たっぷりなんだけど、
今回は・・・終始攻めれば攻めるほど、大馬鹿なオサカを体感した!
うん!上手く踊らせてくれたんだね・・・w
おかげさまで・・・完全に廃人化して帰京したね。

そんな現在に至るんだけど、
様々な公演には色んな気持ちがあり変化があるんだ。
初日の緊張感!観たかった〜〜〜って人も、
2回目のお披露目観たかった〜〜〜って人も、
鳴りの小屋で観たかった〜〜〜って人も、
大馬鹿の中でもっと馬鹿になりたかった〜〜〜って人も、
まだ今から参戦する〜〜〜って人も、
居ると思うけど、
僕らは、常にBESTを尽くし、挑む緊張感はいつもMAXなので、
安心しておくれ!
自分で言うのもなんだけど・・・
D’ERLANGERの魅力の一つは、決してなあなあにならないこと。
笑っちゃうくらい、本番直前とかマジだよ!
それに欲しがりだから・・・ここまで!って気持ちは一切無いね〜
まぁ、口では照れ隠しで、行き当たりバッタリとか、言ってるけどさ・・・
ちゃんと考えてるんだから!w

ちょっとタイコな話になるけど・・・
4.22 PITから新しいKitになったんだけど、
あらためて、9公演もぶっ叩くと、鳴りが引き立ってきてるんだ!
新品〜年月が経つと、イイ楽器ってのはより鳴ってくるんだけど、
それは例えば、接着剤が乾いてきたりとか、より空気に馴染んだりとかあるんだ。
ガシッと噛み合ってる印象としては、4.22 PITより数倊鳴りを感じる!
と、実戦で使ってることで細かなパーツも取っ替え引っ替えし、
現状のBESTがオサカで完成したと言えるかもしれない。
あらためて、Pearl Drumsには言葉で言い表せないほど大感謝!
よくぞ、あそこまで馬鹿なkitを創り上げてくれたよね。
まぁ、お馬鹿な部分は柄だけで・・・中身はとっても優秀なモノだけど。

Pearl Drumsには自分が19歳の頃からお世話になっている。
エンドースを受けてから30年近いわけだけど、
その前からPearl Drumsは憧れの楽器として使っていたので、
30年以上だね。
よく「いつからドラムを始めましたか?《って質問があるけど、
15歳かな!?!?!?
僕は昔から飽き性で・・・多趣味だったので・・・
ドラムは遊びの一つでしかなかったんだ。
仲間と共に遊ぶツールの一つだった。
とてもじゃないけど・・・音楽でメシを喰うなんて思ってなかったし・・・w
そんな長い付き合いの中、
ドラムサウンドももちろん共に歩みながら確立し合って今があるけど、
Pearl Drumsの魅力の一つに人間性ということがあるんだ。
いくらイイ音する楽器メーカーと言え、長年付き合っていくのに大事なことは、
人間性という大事なことがある。

ここでちょっと紹介したいのは、今回の広告秘話なんだけど、
先月と今月の広告、
D’ERLANGERはもちろんロゴがあって、
P社デザイン担当がD’に合う「Tetsu《のfontが無い・・・と。
有っても小文字が無い・・・と。
そんなデザイン担当は・・・だったら作ってしまいます!って、
GW進行の超忙しい中、張り切って作ってくれたのであった。
なので、広告で使われている「Tetsu《の文字は彼の手作りfontなんだ!
こういうのって・・・嬉しいよね〜〜〜
今後、何か機会があれば、他でも使わせてもらいたいよ!

こういうことって、こうやって書かなければ誰も知らない話。
まだまだこんな話はいっぱいあるよ!
こうやって、広告一つででもこんなこだわることがあるんだから、
実際ドラムセットには・・・
どんだけそんなことが詰まってるか想像つくかな!?

何かを創作する時、完成させる時って、
そこには途轍もない長く遠く想像も付かない過程と裏側があるよ。
「縁の下の力持ち《って簡単に言うけど、
その下にもその下にももっと支えてくれてる人が沢山居るってこと。
そして、そんな沢山の人のおかげで全てが成り立っていること、
そんな愛が僕の源であること。
そしてそれらは、僕にとって平和を意味する。
それを音にしなければね!
音は音だから想像なんだけど、
伝える発する手法としてとても勝手でとても素敵じゃない!w

僕は音楽に生きていて、音楽に救われ、音楽を救い、今がある。
こんな色んな輩が周りに沢山いてくれて、楽しく素敵な今がある。
明日のことは分からないけど、己しだいの明日はくる。
何をしている人も、皆さんのstory!己しだいのstory一緒だよね!
きっと周りの皆に救われ、それを感じて楽しく歩んでることでしょう。
こうやって感謝の日々は続くわけだけど、
たまには、「よくやった!《ってこっそり己を褒めてやることも大事だからね。
このTOURが終わった時、僕は己をちょっと褒めてやりたい!
と・・・現在、猛烈に挑んでいるよ〜

長くなったけど・・・
ちゃんと営業もさせてもらうと、
追加公演が決まったよ!
2017.7.8/9. Kyoto VOX-HALL
2017.7.7.は、Tower Records Kyotoにてin store
あと、今年も同期生と遊ぶことも発表になったね!w
2017.8.6. TSUTAYA O-EAST
The Time Machine Never Destroyed 2017
今年は何する?
去年と同じじゃ芸が無いからね!

今週は、長野にお蕎麦を食べに行くよ!
京都追加公演も発表されたので、まだまだ遊べる!って感覚になったな。
でも・・・一つ一つ終わるごとにFinalも近くなるわけでね・・・

長文にお付き合いいただきAZS!
誤字脱字を発見したらなる早でコッソリ教えてね〜

grateful for everything.
c u guys this weekend!













 





GREATZ UPPER