2019 (12)
2018 (15)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

Spectacular Nite.

2015.6.15.

Spectacular Nite -狂おしい夜について- TOUR 2015
昨夜、すべての公演を終えた。
昨夜発表したように、このTOURの2nd TOUR的なスケジュールが発表された。
実は、各地方より、「なぜ私の街には来ないのか?」
というクレームのような叫びが数々届いたのであった。
急遽決まった2nd TOUR!
言うまでも無く、喜びでいっぱい。
そんな苦情、お問い合わせなら、いつでも受け付けたい!(w。
Blu-rayの発表もあったと思うけど、
待望の自分が出演するBlu-rayに私的ガッツポーズ!(w
最近じゃ、なるばくDVDからBlu-rayに切り替えているので、
早く自宅で鑑賞したい!
記念すべき第一発目の自分のBlu-rayは、○mazonで注文してみるつもり!(w
そんなこんな朗報もありつつ、
無事にTOURを終えた。
現在、全身筋肉痛の心地よさを味わっているよ。

すべての携わってくれた方々に感謝!
CREWのみんなもこれ以上ないサポートをAZS!
各地遊びに来てくれた皆様〜ホントにありがとう!
Final BLITZは、異様な盛り上がりを感じた・・・
きっと、10本分のみんなの気持ちが集まってくれたんだと思う!
今年また全国羽ばたくので楽しみにしてまっす。

こんなにもこんな気持ちになるとは思わなかったんだ。
今までにも、数え切れないほどTOURしてきたし、
もうベテランだからさ〜w、何枚もALBUM創ってReleaseしてるけど、
この「今」が最高でね!
生きてりゃ、悔しいこともあったり、頑張っても思ったようにならなく、
チッって思うこともあるんだけど、すべてが吹き飛ぶし、喜びは倍増だよ!
おかげさまで、明日から始まる、代表としての残務処理も燃えそう!(w。
こんなに楽しんだんだから〜
書類にも目を通して「菊地」ってハンコウも押さなきゃね!(w。

ホントにホントにAZS!
叩いてて未来を観れた幸せな男ッス〜
これからも生き様を音に乗せて!(w。

実は、6/14の明け方に、書き留めておいた想いがあるんだ。
このTOURへの想い。
終わってしまうことへの想い。
こういう時って、楽しみ過ぎて眠れないし〜
たくさん、心の準備もしたりするし。
と思えば、無心でいたかったりね。
せっかく、なので、不定期でいい加減なココ、That’s Lifeを読んでくれてる人に、
お届けします!
ありがとう!

—————————————————————————-

いよいよ次に起きたらTOUR Finalの日。

最終公演から2週間空いてのFinalを迎えるんだけど、
とってもジラされた2週間だったとも思えば、
大好きなTOURを長引かせてくれた2週間とも思える。
こんだけ時間が空いちゃうと、色んなことを考えるけど、
だいたいにして、全国TOURなんて素敵な規模は、
今じゃ、ALBUM発売の時じゃなきゃ出来ない。
この期間に、TOURが終わることより、今のそんな流れが寂しいなと熟々思った。
もちろん、最新の楽曲を胸を張って奏でたいし、オーディエンスも聴きたいだろう。
生まれたての音、僕らも生まれたての音を、多くの人々の前でドヤ顔したいわけだ。
きっと、また、新しいALBUMが出て、またTOURが発表されるだろう!
今回の楽曲も数曲残り、SET LISTに組み込まれるだろう。
メンバーは4人、4人の思いを軸に、信頼のおけるスタッフの意見も取り入れることもある。
いつも最新の今がBESTだと思う。
だから、明日はBESTだ!
私的に、なにやら、今までとは違った想いを持つ、
この「Spectacular Nite -狂おしい夜について-」というALBUM。
取材やコメント撮りで答えたように、僕にとっては、何色に染めてやろうか?どう育ててやろうか?
手が届きそうで届きたくない、目の前をブラブラしている未だに不明な名作なんだ。
もしかしたら、初めての名作かもしれないし、
何かだとを決めてしまうことが大嫌いな自分がそうしてるのかも知れない。

何が言いたいのか?確信がよく分からないのだが、
きっとこの2週間のせいだ!(w
コンピューター機器を使わない僕らの音は、
毎度毎度、その時の音となる。
その時の色と匂いに身を任せるから。
だから、このTOURであのSET LISTで奏でたものは、このTOURだけのもの。
明日奏でる楽曲は明日だけのもの。明日のBEST。
アンコールでやるBABYと、この先本編で行われる?BABYはまったく違うBABYだし、
その日のLIVEを締めくくるCRAZY4YOUは、明日のCRAZY4YOUだ。
本編を締めくくるSkelton Queenには、とても意味を持つし、
TOUR中、SET LISTをイジって組み込まれた楽曲にもすべて意味を持つ。
あんな流れで入る曲、こんな流れだからこうなる楽曲、
ひとまず、大事な大事な「Spectacular Nite -狂おしい夜について-」に対して、
明日の終演後は、一旦、お疲れ様!と、ありがとう!を言いたい!
ということが書きたかったんだと思う。
明日のLIVE、どんなんなるか?全く分からないけど〜
こんなこと、あんなことを成し遂ようとしているD’ERLANGERという化け物に乾杯!
大好きだ。

この先も、あんな流れこんな流れで、過去の楽曲が蘇ることがあるだろう。
「LIVE」という僕が命懸けで楽しむその日には、
こんなすべてを思っていつも挑みたいと思う。いつまでも。

best,


—————————————————————————-

 








 

 

GREATZ UPPER