2022 (8)
2021 (15)
2020 (16)
2019 (15)
2018 (15)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

2013 Summer+α

2014.1.20.

2014年、とっくに始まっているけど
今年もヨロシクっす!

さっそく今年も怒濤の動きが始まりつつあるけど、
溜まりに溜まった宿題から・・・(w
まずは、FC会報への掲載の都合もあって延び延びになっていた、
TOUR 2013 #Sixxやその他もろもろ・・・
まぁ、、、ちょっとネタ的には古くなっちゃったけど、
「2013 僕の夏!」ってことで、picsで振り返るとするよ〜(w
行程は、
7.11(Thu) Harajyuku ASTRO HALL
7.13(Sat) Nagoya Bottom Line
7.15(Mon/H) Osaka Big Cat
7.20(Sat) Sendai Darwin
7.21(Sun) Heaven’s Rock Utsunomiya
7.27(Sat) Niigata Golden Pigs
7.28(Sun) Kanazawa Eight Hall
8.02(Fri) Hiroshima Namiki Junction
8.03(Sat) Kouchi X-pt.
8.10(Sat) Hakata Drum Be-1
8.16(Fri) Sapporo cube garden
8.31(Sat) Heaven’s ROCK Saitama-shintoshin
9.01(Sun) Takasaki CLUB FLEEZ
9.07(Sat) Kashiwa PALOOZA
9.08(Sun) Mito Light House
9.13(Fri) Harajyuku ASTRO HALL
9.16(Mon/H) Shinagawa Stellar Ball


TOUR 2013 #Sixx



































































































































































































































































































































































-TOUR 2013 #Sixx-
素敵すぎる3ヶ月間でした。まずは、携わってくれたすべてのスタッフに感謝!
遊びにきてくれた沢山のお客さんに感謝です!
いつの間にか、週末LIVEというものが定着し、
昔と違って出突っ張りということが無い全国TOURですが、
それはそれで体に馴染んできたし、遊びに来てくれる人々が多いならば、大いに結構。
TOUR期間も長く感じるし、遊びに行く都市も、週末!ということで賑わっていて、
より楽しいわけです。
今回も全国15箇所、毎晩美味しいモノをいただき、楽しく過ごしました。
思えば、2012、眠りから覚めたように動き出し、ここまでの成功や、
こんな気持ちになることなど考えられずに、「衝動」から始まりました。
ひたすら、D’ERLANGERを信じて、突き進みました。
「#Sixx」という化け物みたいなALBUMが完成した時、
天下を取った気持ちになり、そんな音を全国で響かせること、
どれだけワクワクしてたことか!
もちろん、いいことばかりではなく、
ご存じの通り必然的Miracleを兼ね備えた僕らにとって、
一か八か?も楽しく付きまとうわけで、そんなことも楽しみの1つなわけです。
人間は血の通った生モノです。騒がせないで何が残るのでしょう!?
行き過ぎる人生こそ、ROCKと誤解したまま歩き続けているので、
はしゃげばはしゃげほど、燃えたぎるのでした。
近年発達し切ったデジタル効果が、さらに僕らの動物的本能に着火するんです!(w。
こんなのが居るっていいな!と心から思ってます。
アッと言う間に過ぎ去ってしまった今TOUR、
こんな思いをもう一度したくて、いつも思うことだけど、この何十年間繰り返してます。
また来年、会えるのを楽しみにしております。
たくさんの愛をありがとう!
(D’ERLANGER FC会報 Vol.18より)




9.14(Sat) KISHIDAN BANPAKU





















































































-氣志團万博 hide-
正直、明るい性格だけどw、どこにでも馴染むParty Boyでも無いので・・・
果たしてやるべきか?断るべきか?実は一晩考えたのでした。
自分は、誰とでも合わせられるほど、キャパの広いDrummerじゃ無いし、
「それ」を考えるのに、必ずひらめく自信など1%も無い。
「惰性」で叩けば「惰性」な音しか出てこない。
結果、すべてがHappyになるか?TOURの大事な狭間にあるスケジュールのこと、
それだけを考えました。
そんなことを考え眠ったんだけど、翌朝目覚めた時に、「やったろ!」って強く思ってました。
そう!これは一晩おいた僕にとって、「挑戦!」というものに変わってたのでした!
自分がどれだけ出来るのか?この愛を試してやろう!と。
すべてが終わった今、とてもHappyです!きっと、皆さんもHappyかと思います!(w。
素晴らしい機会をくれた氣志團にも感謝。
共演したhide with Super Bandの皆様にも感謝!
観に来てくれた方、超レアLIVEご覧になりましたね!AZS~~~
アンコールの花道で、D’ERLANGERのタオルが左右にあったのを観ました。
嬉しかった!AZS~~~

最後に松本君に、この言葉を贈りたいと思います。 
「こんなにも愛されるのは愛しているから」
(D’ERLANGER FC会報 Vol.18より)





GREATZ UPPER