2024 (6)
2023 (16)
2022 (16)
2021 (15)
2020 (16)
2019 (15)
2018 (15)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

2010/10/06-/10_Seoul

2010.10.19.

Taiwanから無事に帰国した翌週、
Seoul,Koreaに向かった。
友情と今後のお互いの公演の話をするためである。
「Pia」とは、東京と台北で2公演を共にしたものの、
お互いバタバタだったため、
腰を据えて話すことがなかなか出来なかったのだ。
そして、1年前に世話になった韓国の友達も現地で待っていてくれたから!
久しぶりの再会を果たした。

夏から上海、香港、広州、上海、台湾、とASIAを回ったけど、
この隣国遠征、最終地点は韓国!
最終地点に相応しいcrazieeeee・・・具合だったよ!(w

ともかく急な話で・・・
台湾滞在中にそんな話が盛り上がり、東京に帰ったらticketを調べて、
連絡を取り合う段取りに。
それと同時に、Seoulで「Pia」が出演するeventが決まりそうだったことと、
1年前に「Pia」と共に共演してくれた、「Schizo」もeventに出ると言う情報。
これは最高の機会!とばかりにticketを押さえるも・・・
ちょうどその前の週は、Seoulの大事な祭日が続き、
行く週は様々なeventがあったらしく、
hotelの空きがまったく無かったんだ・・・
なんとか地元powerで探してもらい、予約がギリギリでOK!
向こうでもかなり苦戦したらしい。
予約名は・・・「Yang Hyeseung」ね!(w。
こうして無事に韓国行きが決まった。
ホントにありがと〜〜〜

4泊5日の旅だったけど・・・
ホントに狂ってた…1週間分くらい遊んだんじゃないかな!?
海外に行って、あれだけ夜型生活になったのは初だ!(w
まるで・・・日本に居るみたいだったSeoul Life。
みんなとても温かく歓迎してくれて・・・
最後の空港では・・・思わず耐えられなかった・・・(w
久しぶりに、男の胸で泣きました!

そんなとってもcrazieな旅の日記でございます。


day.1
TokyoはHaneda APTよりSeoulのGimpo APTへ
ASIA圏に飛ぶ時って、午前便が多いんだけど、
珍しく夕方のノンビリ便にて出発。
なんだか欧米方面に飛ぶ気分・・・(w
Gimpoへは、Henryが迎えに来てくれた。
Henryは、今年のSummerSonicに来日していたので、
ちょうどTD作業をしていた僕らのstにも遊びに来たんだ!
なので、会ったばかりと言えば会ったばかりだけど、
Seoulで会うのはひと味違うね。
APTにてiPhoneのsim対策をし・・・rentalで電話も借りて、hotelへGO!
その後、hotel周辺のcafeを探索した。




















近所を迷いながら探索し、Henryと別れて、
hotelに23時に戻ると、YangとYohanがhotelに迎えに来てくれた!
これまた、東京、台湾と共に一緒だったわけだが、
Seoulで会うのは格別だ!!!
3人で弘大に移動し、みんなと集結。
Yang、Yohan、Kibum、SungMin、Yamajiangとそのお友達達で歓迎会を開いてくれた!
僕には全部同じに聞こえるんだけど・・・
同じ韓国語でも、釜山なまり、ソウルなまりの言葉のお勉強や、
料理の説明も聞けた。
Piaは3人が釜山出身、2人がソウル出身なんだけど、
このお店は行きつけの釜山料理のお店らしい!
釜山名物!マジで美味しかった〜〜〜
コレは日本で食べれるのかな!?

















1軒目終了!この時点で深夜3時くらいだったかな〜(w
もちろん!盛り上がった僕らは2軒目に突入。
次は、ま、飲み屋さん?鳥屋さん?
朝6時の閉店までガッツリ語り明かし、弘大を行進!(w
1年前に公演したV-HALL前にて解散したのが7時くらいかな〜
hotelに戻って寝たのが朝の8時くらいだったと思うけど・・・
実は・・・YohanともHenryとも午前中から約束をしていたんだ・・・
起きれるはずないけど・・・頑張ってみたんだけど・・・
残念ながら深い眠りの中頑張れるはずなく、、、
15時起床・・・ゴメンよ〜〜〜(泣






























day..2
ガッツリ眠り・・・ケイタイを見てみると着信ラッシュ。
急いで謝りの電話をし・・・さて!
夕方からはKibumと展示会に行く約束をしていたが微妙な時間・・・
展示会は諦めて、Kibumの迎えを待って、「Pia」のstudioへ。
しばらくすると、hullangから連絡が入り、
隣街の生きたエビとカニを喰わせると言うお店へ!
これがhullangお勧めの韓国自慢の料理だった。
生きたエビは初だったし、ケジャンのビビンバ!?
味は・・・
夢にも出て来そうなくらい美味しかった〜〜〜
hullangありがと〜〜〜
きっと日本では食べれないから、また連れてってね〜(w
お店で合流した、1年前に一緒に共演したbandの人!
たくさんのお友達達!
「ANN」のMinSu!ありがとう!!!





























Yangも用事を終えて合流し、Kibumは用事をcancelしてくれて、
弘大へ戻る。
Yangがゴハンを食べていなかったので、Kibumと3人で焼肉屋さんへ。
マッタリと3人で語り合った。
明日はいよいよLIVE!今日は・・・早く寝ましょう!(w
と言う訳で、早めのお開き。













早めのお開き・・・!?!?!?
hotelへ戻り、Henryと電話で話すと、今日が東大門のchance・・・って(w
深夜1時だけど!ココは力を振り絞って、再度出掛けたのであった!
ちょうど野球がクライマックスだったようで、街中大観戦。
深夜2時。眠らない東大門!1年ぶり〜〜〜
1年前は圧倒されたんだけど・・・今回は僕もタメ張るpowerだゼ!(w
相変わらず・・・東大門の皆さんは愉快な日本語が堪能でした。
hotelに戻ったのは朝6時くらい・・・
henry!guideありがとう!


















day…3
朝寝たにも関わらず、ちゃんと午前中に起床。
前日起きれなかった、Yohanとのスンデゥブlunchの約束だからね!
これまた初めて食べる「白いスンデゥブ!」メチャメチャ美味しかった〜
絶対に日本では食べれないよね!?
なぜスンデゥブか?と言うと、僕の大好物で、ずっとスンデゥブ!スンデゥブ!と
言っていた。最初はL.AのKorea Townでヤミツキになったんだけどね・・・
本気のは辛くて無理かと・・・(w
Yohanと1年前に話していた時に、
「でも、韓国のは激辛そうだから無理かも・・・」って話したら、
「白いスンデゥブがあるから大丈夫!」って言ってたんだ。
1年前の話を覚えてくれていたことにも感動だよ・・・
lunchということもあって、マジメな話をひたすらした。
Yohan!ご馳走様〜〜〜

その後、coffeeを飲みに移動し、昨夜一緒だった「ANN」のMinSuも合流。
「ANN」と言うbandは、僕らと境遇が一緒で、最近再結成されたんだ。
日本のFuji Rockにも参加したことがある、韓国の実力派bandです。
3人の共通語は英語なので・・・(w
英語で日本語と韓国語を教え合いっこをしたりした。
お互いに、敬語しか知らないからね・・・
例えば、「カムサハムニダ」は「ありがとうございます」だけど、
いちいち、友達同士の時は使わないよね〜〜〜って。
友達用語をお互いに教え合いました。
日本のslangもしっかりたたき込んだ!(w。
アッと言う間に16時を過ぎ、次のお相手はHenry!
Yohanは今夜LIVEだからね〜
ちょっと休んでもらわないと!




















急いでhotelに戻りHenryと合流し明洞へ。
僕もスッカリ弘大が軸になりつつあったので・・・
明洞は新鮮だった。
前回泊まったhotelは明洞だったし、懐かしい所がワンサカ!
Seoulはtaxiが安いので、だいたいの移動はtaxiなんだけど、
どうしても地下鉄に乗りたかったので・・・弘大〜明洞に乗らせてもらった!
各国に行くと必ず地下鉄に乗ろうとするんだけど、
その国の、当たり前と常識と非常識が一目瞭然で分かるんだよね。
それにしても・・・
僕を含め外人さんは韓国語が読めないので苦戦!(w
英語も書いてある販売機に集まっちゃうよね〜

Henryとは1年前に来た時に、N.Seoul Towerに登りそこねていて・・・
時間切れで行けなかったので、今回は一緒に登ろう!と約束していたのだった。
明洞〜N.Seoul Tower〜清渓川路〜光化門広場を観光しました!
Henry!時間無かったけど、素敵なコースをありがとう〜〜〜
youtubeでHenryがLIVEしてる姿を見せてくれたけど、
素晴らしかった!keep drumming!


















































































































































短時間ながらも、スゴいpowerで回りきり、
急いでhotelへ戻る!
光化門広場でHenryと別れ、hey Taxi。
急いでシャワーを浴びて、V-HALLへ!
「SSAMZIE SOUND FESTIVAL」と言うeventのトリを務める「Pia」。
出番の23時になんとか間に合った!
たった4曲・・・悩んだあげく、
2曲は客席で。2曲はstage袖で観ることにした。
2曲はいちファンとして!2曲は親友として!
思えば・・・1年前に一緒にやった時は「pia」演奏中に用意してたし、
この前のCoastの時はstage袖で。台湾時は同じく用意をしていた。
出会ってから2回ほど来日してるので、ジックリ観てるんだけど、
Seoulで「Pia」を思いっ切り観ることがホントに楽しみだったんだ!
やっぱ、本国でしかもeventの大トリと言うこともあって、
スゴかった!!!
お客さんもcrazieeeeeeeeeeeeeeeeeee
最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






























































アッと言う間に終わってしまった・・・
けど、4曲の演奏って、逆にスゴいpowerを使うんだ!
eventに出る時とかって、よく「短い・・・」とか「もっと!」とか
言われることあるけど、「もっと!」はこちらも一緒なんだけど、
1stageを短い時間で完結することって、僕らにとっては、
ある意味、通常の1stageをやるよりpowerを使う。
ホントに短かったけど・・・(w、十分伝わったよ〜〜〜
fuckin’ great show !
楽屋でマッタリしつつ、
いざ!打ち上げ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
金曜日の弘大は「Pia」にお似合いの
crazieeeeeeeeeeeeeeeeeeです!



































お腹いっぱいの1次会が終わり、
この後、2次会、3次会までありました!(w
この日は、「Pia」のfamilyが集結。
チングのチングはチングです!(w
たくさんのチングを紹介してもらいました。
「Pia」の人柄だろう、周りに集まってくる人も良い人ばかりだった!
言葉の壁はあるものの、ROCKはそんなものを優に飛び越えるわけでね。
それにしても・・・スゴい量、食べるんだよね・・・(w
この後、行きつけの店に2軒行き、
やはりhotelに戻ったのは、朝7時でございます。(w
お疲れさま!


















day….4
今日は、hotelから車で20分位のhangang Parkで「Global Gathering Korea」
と言うド・デカいfestivalが開催される!
去年「Pia」と共に共演し、今回の僕の旅のことも色々supportしてくれている、
「Schizo」のSungMinが、「RRM」と共演するんだ。
同じく、昨夜のpartyで仲良くなった、Yangのダチで、
「idiotape」と言うbandのDRも出演するんだ!
昨日の「Pia」のLIVEもcrazyだったし、2日続けてROCKな日!
明日には帰国するんだけど、最高の週末だよ。
この日は、SungMinの友人がhotelに迎えに来てくれ、Yangも同乗。
guestも申請してくれたり、粋な計らいにマジで感謝だ・・・
SungMinの友人は、新聞記者で英語も堪能!途中、たくさんguideもしてもらって、
道中も楽しかった!
World Cupが行われたStadiumも通ったりね。

















会場に着くと、なんだか久しぶりに太陽を浴びた感が・・・(w
芝生の昼寝なんて最高だよね。
完璧に夜に生きているからね〜〜〜
ポカポカ陽気だけど、夜には寒くなると言う。
現時点では考えられないくらいの陽気。
会場に入ると・・・このために韓国にやって来たcrazieな外人さんだらけ!
僕も外人さんだけどね・・・
14時から始まってるfestival。
SungMinの出番は16時なので、それに合わせて到着した。























さてさて!
さっそく「RRM」with「Schizo」の登場!
この日SPLの、DJ2人とMeatlなguitar2人のコラボです。
もう一人のguitarはJames。とてもnice guyで、終演後、友達になりました。
DJとMetalと言ういつもとは違った感じの楽しめるperformanceでした!
Pantera好きのSungMin・・・まさにMetal Godでしたよ〜(w
SungMinご招待ありがと〜〜〜
そしてお疲れさま!


























日も暮れだした頃、
昨日仲良くなった「idiotape」の登場です!
light upも始まり、お酒も進み出したのか、場内の雰囲気が徐々にヤバい方に・・・(w
「idiotape」のDRは日本でもbandをやっていたことがあるようです!
1万人を揺らす素晴らしいperformanceでした。
韓国のband、drummerのレベルはホントに高いです!
この後は、「JUSTICE」、「Fatboy Slim」と続くので、
実質、韓国勢としてはトリ!
DR!お疲れさま!





























その後、「JUSTICE」〜「Fatboy Slim」へ。
「Fatboy Slim」は・・・急激に危険度が増しましたよ・・・
ま!当たり前ですが。
終わったのは25時ですよ〜〜〜(w
寒いから、妙なお酒を飲んで暖まりました・・・
名前は不明・・・(w






































そして・・・
こっからが「Pia」の本番でした・・・(w
ちょっと遅れてfestivalに登場の、kibumとSim Z。
すっかり酔っぱらい!
「これがKorean styleだ!」と・・・一気の嵐!
川っ縁にて「Pia」and familyの大宴会が始まりました。
恐るべし・・・(w











2時間ほど川っ縁で飲んだくれ、お腹が空いた僕たちは弘大へ。
この日は、Sim Zお勧めの「肉!」
飲みと同じく「これがKorean styleだ!」と。
食べ方や、作法、THE SEOULを語り尽くしてくれました。
帰るまでにSim Zともゆっくり話せて良かった。
じゃんじゃん出てくる料理は・・・
どれも美味しいモノばかり。きっと日本では食べれませんよね・・・
Sim Z ありがとう!!!
そして・・・お大事に!(w






























day…..5
帰国の朝・・・眠いより寂しい感じ・・・。
check out timeを遅らせてノンビリと迎えを待った。
この日は、SungMin presentsの冷麺lunchです!(w
実は・・・冷麺は苦手だったんだけど・・・
SungMinの強いpushと笑顔に押され、行ってみることにしました。
完全に食べず嫌いだったのか?ココの冷麺が美味しかったのか?
大好物となりましたよ〜〜〜
ココの料理はすべて北朝鮮料理のようです。
ますます食べれませんな・・・
SungMinご馳走様〜〜〜〜〜

もちろん、Yangは一緒。
残念だったのが、最終日を共にするはずだったKibumに会えなかったこと。
親友の身内に御不幸があり、急遽、釜山に帰らなきゃいけなくなったのだ。
この旅、Kibumも無理をして必ず一緒に居てくれるようにしてくれた・・・
ホントにありがとうbrother!
Kibumは、「Pia」の中で、スゴい重要な役割をしているんだ。
彼が居なければ、LIVEはbookingされないよね〜
色々力になってくれてありがとう!
と言う訳で、この日は3人で動いたのだった。
































お腹いっぱい・・・マジgive upし・・・
SungMinが連れて行きたいcafeがある!と。
bikeで来ているYangもtaxiに併走し、
三清洞へ。
どこに似てるか?と言えば、軽井沢?
シャレオツなcafeが並び、大勢の観光客とデートしている現地の人達。
waffleが美味しい!と言うお店に行き、
ゆったりした時間を過ごした。
野郎3人でwaffle・・・(w
見渡す限りカップル・・・(w
これも良い思い出です!
帰りの飛行機は20時だったので、時間は余裕!なんて思ってたけど、
けっこう移動中の渋滞もあり、いざ!空港へ。
弘大にbikeを停めたYangと、3人で空港へ向かった!





























F1 driver S.Vettelを愛していると豪語するtaxi driver!(w
驚異の運転で予定より早く着いた。
check inを済ませて、ギリギリまで外に居ようと、
空港のcafe shopへ。
picsは、僕の韓国語の本とみんなの日本語の本!(w
なんとか英語に頼らずに話したい・・・とみんなで努力しているのだが・・・
難関である・・・まず読むのがね〜

Yangは、日本語教室に通っていて、
「そろそろ長い文章になります・・・」と言っていた。
yangとは、ローマ字の日本語でなら、twitterでもmailでもOK!
skypeでも繋がっているので、日本と韓国間でも会話することもあるんだ。
ま!一番繋がっているのは、会話でもmailでもなく・・・
お互いのdrummingのファンだ!ってことだけどね!
今回、ほとんど一緒に行動してくれたYang。
お互いのdrummingを尊敬し合ってる仲なんだけど、
それはホントに深いものだ。上辺だけでお世辞を言い合うのでなく、
心底尊敬し合っていることを、お互い理解している!
僕が大好きな楽器奏者は、必ず表現の中に「自分らしさ」があるんだけど、
楽器を通してそれを伝えてくれる人でなければ、まず興味を持てない・・・
Yangは、物静かな性格だけど、drumsを叩けば狂ったようにすべてを伝えてくれるんだ!
Yangの人柄にも惚れているから、そう聴こえる部分がもちろんあるんだけど、
「音楽」ってそれでいいんだ。
特に、文化も風土も違った場所で育ったMusicianとは、
それで結びつき、それですべてが解決される!
そして、育った環境が違う僕がまだ見たことのないその人の「自分らしさ」が、
僕への最大の刺激と化すわけだ。
yangは、今、「ライバル」であり「真の友人」なんだ。

















そして・・・帰る時間がやって来た。
色んな所で記念写真を撮り・・・
Yangが日本語で一生懸命ぼそぼそ言うんだ・・・
「惜しいです・・・惜しいです・・・じゃんねんです・・・」
意味を聞いてみると、「寂しいです・・・残念です・・・」
僕は、通りかかったbusを指差し、乗り遅れた時に使う言葉だよ!と、教えた。
僕は、そんな一生懸命日本語を話してくれるYangが大好きである!
そして、日本語が分からないけど雰囲気を察し、そっと見守るSungMin・・・
一瞬にして、目の前が曇りそうになったけど・・・
堪えて、gateへ。
ま、、、最後の最後は・・・僕のダムも決壊したわけだ・・・(w
久しぶりに、男の胸で泣いたな〜〜〜
いっつも、その国に深く滞在すると、どこか悲しく寂しい気持ちになったりするけど、
あんなに大粒の涙を流しながらのcheck inは初めてだ!(w
急いでサングラスをしたけど、security checkですぐ外さされた・・・(笑うとこ

ホントにホントにありがとう!!!














飛び立ってから2時間も経たないうちに、
無事に帰国!
マジ近いね・・・しかも羽田ー金浦だったから、空港からも近いからね。
税関・・・また・・・カバンは開けられたけどね・・・(w
どうも最近は・・・check率厳しい。
短期間に行き来しすぎなんだろうね・・・
金浦空港にも若干おばちゃんが居たけど、日本のおばちゃんはスゴい・・・
韓流スターの到着待ちだったようだ。











フゥゥゥゥゥゥ。
疲れもあるんだろうけど、それよりも帰って来たばっかりなのに、
奴らが恋しい・・・(w
なにより素敵なおみやげとなった友情を持ち帰ったんだな。
こうして旅を無事に終えたのであった。
学んだこと多数!「SeoulにSoulを学びに行って来ます!」と
Twitterに書いたけど、その通りとなった。

もちろん、どこの国であれ、他国に行けば学ぶことだらけ・・・
文化が違う中、僕は必ず「ROCK」と言う共通語を武器に、友達が出来るんだ。
そして、それらが刺激になり、僕の次のお題が決まる!
正直、drumを勉強する気なんて、サラサラ無いんだよ〜(w
僕が求めているのは、刺激刺激刺激!
スゴいshockを与えられて、それに反応して出て来たものこそが、
今の僕がしたいこと、伝えたいこと、やりたいことだと思ってる。
その沸いたimageが実現出来なければ、ひたすら努力すればいいだけだ!
そこで表現し切れないことがあれば、初めて悔しい!と思って練習するんだよね・・・(遅
でも、それで十分だと思うし、そうやってstartしてほしいと切に思う。
bandを始める、音楽に取り憑かれる。
誰でも最初は「憧れ」のはず!
誰誰に憧れる!そんなになった時の自分に憧れる!
忘れないでほしいね。
きっと、勉強よりも動物的に進む道だろうから・・・(w
ルールはじゃんじゃん自分で決めちゃっていいのさ〜
そして、必ずそこに仲間が居ることを忘れちゃならないね。

この気持ちは、いつも感じているけど、
まだwebで公表出来ないTaiwanでも感じたし、今回のSeoulでも感じた。
そして、いつまでもROCK KIDSで居るだろう自分にも、
もう一度会えた気がする。
ありがとう!

余談だけど、ちょっとだけ触れておきたい・・・
滞在中は、政治的な話も多々したんだ。
もしかしたらタブーかも知れない難しい話だけど・・・
僕が印象的だったのは、
「韓国は今も戦争中・・・」と言う言葉をmusicianの口から聞いたこと。
「徴兵制が無ければ・・・」と言う言葉もあった。
そして、そんな話を聞いたら、写真を撮る時のみんなの手をよりrealに噛みしめた。
「peace sign」
歴史とかその国の事情の勉強とかしていない非力な僕は、うなずくことが精一杯で、
悔しかったけど・・・
友人だから表情を見れば、どれだけの想いか?くらいは理解出来た。
韓国で行われる平和のためのLIVE EVENTは、意味のある深いものだと思った。
「pia」は、よく、そんなfestivalに積極的に出ているようだ。
日本に帰って来て、news番組を見ると、
国会議事堂と言う立派な建物の中で、大の大人が口喧嘩をしていた・・・
本来、政治は難しいんだと思うけど、中卒の僕でも分かる内容の「揚げ足取り」大会。
いや、喧嘩の内容は中学生以下だったかもしれない。
それを国民に中継し、司会者が輪を掛けるようにボロクソ言っていた。
この図式は・・・少なくても僕が物心ついた時から変わらないな・・・。
日本はいつ変わるのだろうか!?
どの国にもその国の事情があり、国内で色々議論することはあるけど、
少なくてもあんなのを中継するなよ・・・みっともないから。
お願いだから、それこそ密室でやっておくれ!と思うのであった・・・。

偉そうなことを言っても、僕に出来ることは叩くこと・・・(w
しかも、人のためでなく自分のために遊んでるわけだから・・・
大きなことは言えないんだけどね。
国民としてお願いすることは出来るわけで。
なんとかしてほしいわけだよ・・・

話が反れたけど・・・
来月からは日本のTOURがあるではないか!!!
6都市8公演!
母国のLIVEはやっぱり1番だよ。
今年の総括と言うべき、全国TOUR!
今から楽しみでならないね〜〜〜
今年は走りっぱなしだったから・・・
今やっと、本格的にちょっとだけoffを満喫しているけど、
TOURでは、この様々な想いをぶちまけます!

c ya soon !




























thanx my brothers !
c ya next hung out !!!

peace…

GREATZ UPPER