2021 (4)
2020 (16)
2019 (15)
2018 (15)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

obon holiday !?

2008.8.21.
8月になっているのか・・・
GWからお盆までアッという間だった。

最後にupしたのは5/13。
あれから、編集作業があったり、ちょっと海外に行ったりして、
一瞬にして5月が終わり・・・
6月は、梅雨と闘いながら7月に控えたTOUR RHに明け暮れた。
7月は、待ち焦がれていた全国TOUR。
何年ぶりか!の地方も含まれていた!
足りない足りない!これまたアッと言う間に終わってしまった。
そうして7月がとっとと終わり、
7月末から今現在8月までは、再度編集作業、やっと・・・GREATZ UPPER的promo強化月間でもある。

GW終了後、商品が無事に店頭に並んだと思ったら、好調に品切れするモノもなり、
やっと最近、第2ロッドが到着し、また並び出しているようだ。
まだ到着していない商品も多々あり、ご迷惑をかけているらしい・・・
「GREATZ UPPER with Noah’sark」
それは、GREATZ UPPERらしく!(w
ド・underでindies的な動きしかしてないにも関わらず、
異様なほど市場で動きを見せていることに、大感謝である!(驚
mediaに関して、interviewを受けたのなんて、
6月号の「リズム&ドラムス マガジン」と 7月号の「GIGS」だけ。
ドラマガの特集記事が大きかったので、業界には「ちゃんとした波紋」を呼んだようだけど(w、
専門誌だけに、その数も限られているだろうからね。
あとは、ココを見てくれている人達、武道館で展示を見てくれた人達、
もちろん!IMIのcrewが頑張って動いてくれてることや、
熱い店頭の人達がコーナーを作ってくれていることも、デカい!
予てから約束していた、promotionの旅をジワジワと進行させている今日この頃なのだ。
珍道中は、後でpixを交えながらお伝えするとして、

まずは、久しぶりに行った地方のお話から。
TOUR中の様々なdocumentaryは、officialや会報で伝わるとして、
そちらをお楽しみに!

私的に番外編を綴るとすれば、やはり「食」か!(w

7/12。TOUR START!まずは、単発で札幌に向かう!
朝7時に起きて8時に家を出て9時に空港集合10時のflight・・・
と、バタバタバタな当日LIVE。
LIVEの時間よりもほぼAirとBusな1日だ。
しっかし、毎回思うけど、千歳空港〜札幌に向かう道は、大草原で気持ちいいね〜
降りたってすぐだからよく分かるけど、空気もぜんぜん違うからね。
そんな過密な移動だったけど、その甲斐あって、最高のstageだった!
終演後は、恒例のお店へ!
それに、夜な夜なイベンターさんとラーメン屋さんへ
「信月」と言う、今、札幌の塩NO.1はコレ!というお店に行った!
ま・・・時間も時間なんで濃くて重いよりも「塩!」となったわけだが・・・(w
これまた最高のお味で、ぜひぜひ東京進出を考えていただきたい名店だった。
LIVE後で疲れていたのか、デジカメをスッカリhotelに忘れ残念ながらpixなし・・・
注)このTOURではデジカメ忘れが多い・・・(汗
大事に持っている、お店のcardには、南5条西3丁目とある。
そして、翌日の千歳空港では、俺のテーマは決まっていて、
「じゃがポックル」と「塩キャラメル」
どんなに並んでも買って帰る!と心に決めていたけども、
並ぶどころか、軒並みSOLD OUT状態であった・・・
「じゃがポックル」に関しては、そもそもココの常連さんに頂いたおみやげなのであった!
その節はありがとう!早々に完食いたしました!(w
手紙に「入手困難品」と書いてあったけど、あそこまでスゴいとはね〜
「帰る日が日曜日だから、空港も大混雑で売り切れなんですよ・・・」
とイベンターさんが意地になってる俺を慰めてくれたのであった。
次回は、千歳空港に着いた時点から捜索に入ろうと思う!(マジ
札幌は当日に行って、翌日に戻ったために、
昼に街ブラが出来なかった・・・
前乗りならば、「GREATZ UPPER with Noah’sark」取扱店に
立ち寄りたかったのに。

そんな珍道中が無事に終わり、戻った翌日からZEPP 2days。
そうそう!このTOURに間に合うように、Pearlが次期発売予定の
PROTO TYPE#2のSnareを間に合わせてくれた!
武道館に続き、TYPE#1とTYPE#2を使用し、快調にTOURを乗り切ったのであった。
そんなPearlのcrew達も、交代交代で遊びに来てくれたZEPP 2days!
特筆すべきは、忙しいはずのKazu 2days参加!(w
嬉しいよな〜〜〜
そろそろ本社に行き、打ち合わせもしなければならない。
ってことは、あのコースで長い1日になるってことだ!(w
平日で忙しいにも関わらず、IMIのcrew達も交代交代にやって来てくれたり、
久しぶりに、Dir en greyのShinyaにも会えた。
みなさんの愛を感じた2daysであった!
そして、東京なのに・・・2daysということで、お台場一泊TOURだった。
とってもromanticな部屋で素敵な夜景とともに眠りについたのであった。

数日空いて、いざ!南へ!

前乗りで博多に向かう。
博多と言えば、まずは人柄が大好きである!
ホントに熱い!BICというイベンター!古くからの付き合いで、大好きな軍団だ!
北の過密移動の教訓を生かし、前乗りで行ったわけで、が、しかし夜着。
乗り日は、「もつ鍋」へ
博多で1番美味しいもつ鍋屋さん!という、「もつ廣」というお店に行った。
これがまた・・・今まで俺が食べたことのある「もつ鍋」は完璧にエセだったんだと・・・
完全否定されてしまうほど、美味しかった!
どうやら、このお店は、東京・恵比寿にも進出しているようなので、
そのうち行かねばなのだ!(w
果たして・・・味は一緒だろうか!?
翌日、集合時間より早く起きれたので、恒例の散歩に出た。
博多に来た時には、必ず「大名」をブラブラする!
ちょっと歩くだけで、色んなお店があり、
空いていてしかも密集していてくれる。
UNDER COVER、NEGHBORHOOD、M&M、GOOD ENOUGH、VISVIMと・・・
俺のド・ストライク・ブランドがゴロゴロしているのであった!
ちょうど時期的にSALE中でもあった!(喜
昔は、友人のブランドが置かれている店を偵察に回ったりもしていたっけ。
楽器屋さんの場所が分からなかったため、時間も限られていたため、
洋服の買い物だけで終わってしまった。
しかも暑い・・・しかも久しぶりすぎて迷った・・・
慌てて、スタバに入り、イベンターさんに迎えに来てもらったのであった。
RHの前なのにさっそく汗をかいてしまった・・・
終演後は、恒例の屋台へ!
あまりの暑さにバテ気味だったが・・・やっぱり美味しかった。
実はこの屋台、東京・銀座に進出したのだが、もちろん行ってみたのだが・・・
味はぜんぜん違う!!!と、クレームも言ってみた!(w

翌朝・・・大阪へ移動・・・
見事に寝坊・・・
が、若干もう一名!同じように寝坊した友人が居て、安心する!(誤
新幹線で大阪に向かう。
BIC・・・寝坊する俺たちに慣れているから、驚きもしない!(w
JR博多駅で近々の再会を約束し、別れたのであった。
車内・・・グッタリ・・・
寝坊で大阪入りしたが、RHには十分間に合った。
この日、今回のTOURの中で一番過酷な日とされていた・・・
移動も長く、2days目なのでね。
やってみれば、それはそれで燃えるもの!(w
ブチ切れの気持ちいいLIVEであった。
大阪の夜は、いつものお好み焼きでなく、
鶴橋の焼肉屋に行った。
イベンターさん一押しだけあって、強力に疲労回復。
むしろ眠れないほどに・・・(w
そう!大阪のLIVEになぜか、メリーのネロが現れる!
仕事でZEPPが観れなかったので、大阪に来たらしい。
そして、なんと始発で東京へ帰る・・・と言うので、目を開けられる限り付きあえるだけ付きあった。
ホントに変わった奴だ・・・(w
朝5時まで2人でビリヤード。
勝負は互角であった・・・
そのまま奴は、新大阪駅へ。俺はそのままbedへ。
思い出したけど、前の厚生年金会館のLIVEの時も、なぜか来ていた!(w

翌日、比較的遅めなcheck outで、名古屋に移動するだけだったから、
Pearl 大阪営業所のN君と、1年前から約束していた、大阪の楽器店に挨拶回り。
やっと約束を果たせたのだ!
この大阪名物・Pearl楽器大阪営業所N君!
最高にイイ奴で終始漫才のようで楽しい。
大阪のLIVEには必ずF君と来てくれて、盛り上がる!
隠れ家的?とされるアメ村の中でlunchを食べて、3軒の楽器屋さんを回った。
道中は、drum的なことからprivateまでしゃべり倒し、アッという間に、新幹線の時間。
新大阪駅まで送ってくれて、名古屋駅を目指したのであった。
単独でhotel着。みんな眠っているらしい・・・(w
夜、みんな起床し夕食会へ!
名古屋名物のオンパレードであった。
すでに・・・「明日で終わっちゃうなんて・・・」MODE全開
翌日、泣いても笑っても最終日。
ひたすら寂しい感じだったのを覚えている・・・
と同時に、早く次のTOURを!と。

最終日、名古屋公演の昼。
割とギリギリ起き・・・
散歩には行けない時間で残念・・・
会場に着くと、IMI Yoshiが東京から来ていた!
名古屋はToshiのお膝元!(ニヤリ)
名店はToshiに聞け!って感じである。
TOUR最終日!気合いのstageにすべてをぶつけ、幕を閉じた。
この日は、軽くrecordingもされている!
終演後は言うまでもなく大宴会・・・
普段、お酒を飲むことはあまりないが・・・
その夜は呑んだ、、、カラオケにて「佐野元春」披露・・・(w
酔っている証拠である・・・
Yoshiと連泊し、翌日に、名古屋でGREATZ UPPER的promoの予定もあったが、
Yoshi & Toshiのスケジュールも合わず、断念。
予定もなくなったので、だいぶ呑んだのであった。

翌昼。
hotelの部屋の電話が鳴っていたが・・・気持ち悪くて取れない。
そうすると、次の瞬間、勝手にフロントに頼んでカギを開けさせた、
スタッフが枕元に立っていた・・・
「後はTetsuさんだけなんで急いで準備してください!」
・・・訳の分からないまま荷物をまとめ、ロビーに降りてみると、
どうやら定時の第1便は出発したらしい。
俺は第2便・・・
足早に名古屋駅に向かったわけだが・・・
どうやら、何をしても起きない友人が一人残ってるらしい・・・
やられた・・・
スタッフは、巧妙に「あとはあなただけですよ・・・」作戦を使ったのであった!(w
まんまと乗せられた俺。
友人は、その手に引っかからず、一人第3便となったらしい。
羨ましい・・・悔しい・・・そして、さすがだ!(w

翌日もその翌日もアタマが痛いのは治らず、
バイクなんか乗ろうものなら、フワフワしていた。
やはり、お酒は手強い・・・(w

てな感じで、TOURは無事に終了したのであった。
食のことが多かったけど、各地のLIVEはすべて最高だったと思う!
今後のリリース物を待って、確認してほしいとこだよ。
早く次のTOURが決まってほしいね!
今度は、もっともっと色んな所に行きたい。







夢のようなTOURが終わり、つかの間の休みを味わい、作業に入るとすぐ8月に入った。
CASE発売前よりpromotion計画を立てまくってくれていた、
IMIの熱い営業マン!K君たっての希望により、
いよいよ東京近郊の同行promotionが始まったのであった。
そこに至るまでに、秋葉原のDRUM STATION REVOLEには 何度もYoshiと訪ねている。
商品開発時も、まずはココに持ち込みcheckしたり、
名物店長でもあるDrummer COZYには、お世話になっている!
他店を公式訪問するのは、初だった。
今回は、数日に渡り、新宿、渋谷、秋葉原、吉祥寺、立川、八王子と、
計9店舗ほど、お店まわりをした。
どこの楽器屋さんも、なかなかdrumを置くスペースなど確保出来ない・・・
日本の土地は狭いからね〜〜〜(w
そんな中、今回、回ったお店は、頑張って置いてくれていて、嬉しかった!

まずは、新星堂Rockinn 新宿店A館・B館
IMI K君が言うには、発売日からしばらくの間は派手なコーナーを作ってくれたり、
かなりの盛り上がりを見せてくれてたらしい。
今、現在も全ラインナップを揃えてくれていた!
広い店内でDrum関連の在庫も大量にあり、ビックリ!
メーカー問わず何でも置いてあるんじゃないかな!





























続いて、新星堂Rockinn 吉祥寺店
駅の真横。ビルの各階に分かれて置いていただいた。
「THE 420 SERIES」は各色すべて揃っていた。
偶然にも、StickPackを買ってくれた彼と遭遇し記念写真!
なんせ・・・初めて購入者と遭遇出来たもんね・・・(嬉
彼よりも俺のが嬉しかったかも知れない!

















続いて、山野楽器 サウンドクルー吉祥寺店
よくぞ置いてくれました!
スペース的に厳しそうなのに、しっかりStickPackを置いていただいてました。











続いて、MUSICVOX 吉祥寺店
LAOXの楽器屋さん。横にはMacの専用フロアもあり、一石二鳥な店内でした。
「THE 420 SERIES」は各色すべて揃っていた。











続いて、新星堂Rockinn 立川店
残念ながら嬉しいことに全商品売り切れで入荷待ちでした。
「THE 420 SERIES」は各色すべて揃っていたらしい。











そして、夕刻をむかえる・・・
移動の車中。立川〜最終地点八王子に向かうのでした。





本日最終地点、新星堂Rockinn 八王子店
売り切れで入荷待ちでもあるようです。
「THE 420 SERIES」は各色すべて揃っていたらしい。











この日は、午前中から、K君と4都市6店舗を回りました。
実際に行ってみて、ビックリしまくりです・・・
こんなに頑張ってくれているとは・・・
そして、購入してくれた人(Shin君)と遭遇出来るなんて!素晴らしいタイミングでした!
K君もありがとう&お疲れさま!
そして、お店の人達もありがとう!


さて!日は変わって、Yoshiと、池部楽器店 ドラムステーション渋谷
ビルの5F!エレベーターに乗ったらさっそくチラシが貼ってありました。
店内各所に「THE 420 SERIES」「ARMY FLIGHT SERIES」が散りばめて置かれ、
StickPackは何度か売り切れたようです。
数少ない「ARMY FLIGHT SERIES」を置いてあるお店!
サイン入りチラシが何枚か置いてあります!Take Free(w














またまた!日は変わって、K君と、MUSICVOX 秋葉原店
「THE 420 SERIES」中心にPOUCHは入荷待ちのようでした。
StickPackは何度か売り切れたようです。











またまたまた!日は変わって、YoshiとK君と、池部楽器店 ドラムステーション リヴォレ秋葉原
最強店にやって参りました!(w
都内NO.1いや・・・もしかしたら日本で一番広いドラム屋さんではないでしょうか!
入り口に聳え立つコーナー「THE 420 SERIES」「ARMY FLIGHT SERIES」が台の上に並べられ
店内には何枚もposterが貼られ・・・(貼りすぎ!)
天井にはバナーがぶら下がり・・・
とんでもなくfutureしていただいております!
恐縮です!
中2階もある店内には、ありとあらゆるドラム関連商品が置かれています。
きっと、捜し物は必ず見つかるでしょう!
そして、在庫も豊富なので、試し叩きもありですな。




















この日は、打ち合わせを兼ね、chiefのT君も交え、夕食会へ。
実は・・・Yoshiが炭水化物dietをしていて・・・(w
忘麺会以外のラーメンを絶っているのであった・・・
余談だけど・・・禁煙は3週間で断念してたが・・・(w
そんなこんなで、ココ半年間は、矛先が「焼肉」に向かっている俺ら!(w
東京で、NO.1.2.3の一つとされる焼肉屋のNO.1である、
「焼肉ジャンボ 篠崎本店」の予約が取れたと言う・・・
毎日予約でいっぱい、電話が繋がるのが奇跡らしく、
一同野良犬状態で向かったのであった・・・
この日、やっと電話が繋がったはいいが、第一声は断られたらしい。
Yoshiが持ち前の明るさと話術で頼み込み、遅い時間だけどねじ込めたらしい。(さすがだ!
ココは都内なのか?と言う俺の知らないareaまで車で走り、無事に到着!
ツーしか居ない店内で、ビビリながら、メニューを見たけど、
横のテーブルからは、「裏の・・・」「裏メニューが・・・」とヒソヒソ意味深連発。
きっと、案内人が連れて来たのだろう・・・初来店のお客さんは、とても分かりやすく、
みんな、「ウ〜〜〜」とか「ウメェ〜〜〜〜」とか異様な唸り声を上げながら食べていた。
これまた分かりやすく、連れて来たと思われる人は、
「だろ!だろ!だろ!」と、優越感にひたりながら、嬉しそうにしている・・・
マズい・・・俺たち全員初来店・・・
早く唸りたい!(w
ココは、名物っぽい一見頑固そうな大将に頼み込み作戦に出るしかない!
恐る恐る・・・「初心者なので、大将に任せたい!」と頼み込むと、
大将はその気になってコーディネイトしてくれたのであった!!!
噂通りのNO.1を味わい・・・一同唸ったのであった!
次はNO.2を目指してみたいとこだ!



残念ながら、最初に並んだモノは撮れていない・・・
コレは、シメに出てきた裏メニューなのだ。
余談だが・・・
この情報を聞きつけた、Toshiがジャンボ入店を狙っているらしい!(w
NO.1を味わった俺たちは、そのまま、瑞江のM君と合流し、
カラオケに行くことになった。
M君、俺は初対面だが、だいぶイイ奴で、間違いなく、元暴走族だ・・・(w
夜明けとともに九十九里に行く奴も居たし、仕事の奴も居たので、27時に解散となった・・・
すっちゃかめっちゃかで楽しい1日だった。


最後に、数日前の大サプライズ!
それはちょっと前の8.17の出来事。
今年7月に、「MURBAS」というBANDが再結成を果たした。
俺が10代の頃、まだ右も左も分からなかった頃からブイブイと大暴れしていた兄貴達である。
メンバーは、
Vocal : 岸本 “TOMO” 友彦
Guitar : 近江谷 “OMMY” 創一朗(ex:16 LEGS/THE SILVER DOGGS)
Guitar : 島崎 “GOE” 剛一
Bass : 廣瀬 “HEESEY” 洋一(ex:THE YELLOW MONKEY)
Drums : 沢井 “DAXX“ 義久(ex:16 LEGS/THE SILVER DOGGS/GRANDSLAM)

DAXXとは、いつどこで知り合ったか?昔すぎてまったく覚えてないのだが、
この世で一番が考え方が近いdrummerと言っていいほど、価値観が同じであった!
MURBAS時代は、色々教わったりもした。本人、10年ぶりに叩くらしく、もしかしたら、
今なら教えることが一つ二つあるかも!(爆笑)
HEESEYとは、まず、当時のバイト先の先輩!(w 
そして、GRAND SLAMのJUNYAの依頼で、
イエモン時代に1曲だけ、RECORDINGも共にしている。
他の3人の兄貴達にも大変世話になった!(言えも書けもしないが・・・(w
この前の武道館にも来てくれたりして、俺は再結成第1発目のLIVEを楽しみにしていたのだが・・・
その日、自分のLIVEで札幌ペニーレーンだった。
かなり残念だったけど、お互い同じ夜に燃えよう!と、次のLIVEを楽しみにしていた。
その後、その観れなかった記念すべき復活第1弾LIVEのDVDが完成した!と連絡があった。
ノドから手が出るほどgetしたかったが・・・なかなかスケジュールが合わず・・・
やっと、最近になってちょっと空いたので連絡してみると、
2回目のLIVEが近いので、RHに燃えてるという・・・
こうなりゃRH STに乱入してしまえ!と、遊びに行った!
22年ぶりのMURBAS・・・涙モノだった!!!
新曲を中心としたRHだったのにも関わらず、俺の激しいリクエストで(勝った!)
往年の名曲も聴けた!!!
とは言え、22年ぶりの新曲もMURBASしていた!
嬉しくなるほど完璧なMURBAS節・・・

再結成。きっと俺も再結成!(w
自覚なんてありゃしないけどね・・・
再結成を単に再結成で済ますのか?
「今」を存分に取り入れた再結成で突き進むのか?えらい違いだ・・・
そりゃ、昔の仲間と集まって懐かしい曲をやれば誰だって楽しいはずだし!
そんなこんなも、やっぱり兄貴達は、さすがのROCK魂を2008年に教えてくれた。
俺にとって、「44MAGNUM」という偉大なBANDが居て、
この「MURBAS」という素晴らしい兄貴達が居て、10代の頃、色んな夢を見たから。
そして、今、ココにいるわけだから。
尋常じゃない・・・興奮発情な夜だった!
そして、感動の夜は、とんでもない展開となる・・・(w
STが終わり、一緒にゴハンでも食べて帰ろうとすると、
なんと、FM79.5の生放送が入っていて、大宮に向かうと言う・・・
道路事情も分からないので、大宮に着いてゴハンを食べるというので、
大宮に一緒に向かったのであった!
ココまで来たら局にも付きあおう!と、一緒に79.5に入ると、
MNのMOMOさんが、「俺も一緒に出る交渉をしている」と・・・(w
が・・・せっかくのMURBAS生放送!
俺が出てもお邪魔だし・・・と断ったのだが・・・
兄貴達の好意もあって、せっかくなので乱入させてもらった!
聴いてる人は???だったであろう・・・
俺にとっては、兄貴達と電波に出る・・・というレアな体験でさらに興奮高まったのであった。
早朝、家に帰り、もらったDVDで首を振った!(w
MURBAS万歳!







てな具合で、相変わらずなROCKな日々を送っております!
今回の教訓としては・・・
・日記は溜めないこと!
・デジカメは必ず持ち歩くこと!
ま・・・今に始まったことではないが・・・(汗
どんなに忙しくともなんとか1ヶ月に1回でも書かねばね。

今日なんて、スゴい涼しいけど、夏も終わりかな・・・
今年のささやかなプチ目標としては、1度は釣りに行こうかと!
寒いと寒いで困るし・・・
暑いと暑いで困るので・・・
これくらいの気候がちょうどいいので、いっつも思うんだ。
釣れなくてもいいので雰囲気だけでも味わいたい・・・
のでした。


残暑?頑張って切り抜けましょう!

来月はeventだ〜〜〜

stay coooooooooooooooooooooooooooooool…


GREATZ UPPER