2018 (12)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

game over…T.B.A.

2006.12.31.
久々すぎてhtmlの書き方忘れ・・・upの仕方も忘れてる始末
master失格!(w

さてさてどこから書こうか・・・
いや〜〜〜〜〜〜〜〜山ほどあるけど、
休暇が長かったから忘れたか・・・
すっかりrefreshしたかと思いきや、気付けば相も変わらず戦場の真っ直中に立っているしね
久々にGREATZ UPPERの戯言でも並べてみよう。

そう・・・いつだっただろうか?この長期休暇の中で
一度だけ、この「That’Life」を書こうかな?と思ったことがあった。
サッカーも野球も日の丸が掲げられた時くらいしか(阪神vs巨人戦除く)
盛り上がらないド・インチキ君だけど、
どちらも、「嘘〜〜〜ん?」って人が「引退」した時だったと思う・・・
「エ〜〜〜嘘〜〜〜ん?」で惜しまれつつの引退
きっと、自分にしか分からない突き詰めた限界もあるだろうし、
そこにはprideも人間関係もbusinessも深〜い深〜いものがあるだろう・・・
極めれば極めるほど壁は高くなるし、「夢」も育っていくだろう
考えれば考えるほど考えることが山積みになっていくだろう
その「美学」分からないでもない!(w
達成感に満ちる時間に比べれば悩める時間は何百倍もあって、
正直、いつでもgive up出来るくらいの背中合わせに自分を追い込むのだから
そこにある「hit or miss」が明暗を分ける。
いつまで経ってもこれは進化する上での永遠のテーマ
俺の勝手な解釈では、ここに「天才と秀才」の違いを感じている。
一つ階段を踏み外せば0に等しい天才と
確実に階段を上がり積み重ねる秀才

ただ、目標に達したときの「あの気持ち」と、すぐに聳え立つ「新たなる目標」の繰り返しで
「その時」に至っているのだろう。
規模もカテゴリーも違えど、ちょっぴり自分の身になって考えてみれば、
「引退」なんて考えられないし、微塵も思ったことがない。
それは「今」の気持ちで、これから何が起こるか?何を感じるか?なんて
分かりゃしないけど。
それぞれの人生の生き方ってのがあるけど、
無責任に簡単に言ってしまえば、「よく止められますね?」と言いたい。
でも、そんなことを言いつつも、いつの日か自分がdrumをやめる時があるのなら、
「お疲れ様!」でなく、「よく止められますよね?」と言われたい!(w
その時はもっともっと色々考えたんだけど、結局何が言いたいかと言えば、
俺は「頼むからやめろ!」って言われてもやめれないってことだ!(w
これがすべてで生きているということだ。
これがなくなったら人生何をしたらいいの?ってことだ。
きっと10代20代に比べれば体力も落ちているのだろうし、
がむしゃらな努力もなくなっただろう!(w
が、過去より「今」が楽しいし、気持ちがいい。
学ぶものも伝えたいものも山ほどある。
よって、決してやめられないのだ。

余談だけど、数週間前にkornのDavidが脱退してしまった・・・
個人的にメッチャshockだ〜〜〜
理由は「疲れた・・・」であった・・・
何とも正直な!drumをやめる宣言ではなかったので安心したけど、
「あの」kornよりも素晴らしい息使いをどこで?誰と?してくれるのだろうか!?
きっと、ただdrumを叩くだけでは絶対に満足出来ないわけで・・・
ゆっくり休暇をとってもらい、期待して待ちたいとこだ・・・
まあ、人の心配はどうでもいいか・・・(w

やめられない・・・と言えば、今年の始めに「やめなきゃか?」と言う事件があった。
我ながら「交通事故」である・・・(w ←今だからwえるが・・・
今まで生きていて初めて気絶したらしい。
気付いたら救急車が到着するところだった。
簡単に言うと、顔面骨折と指の骨折だったらしい。
通行人の人が気絶から覚ましてくれて、俺はそのまま家に帰ろうとしたが、
立ち上がろうとしたら、左手の小指がグニャグニャだった・・・
そして顔面がブルーザーブローディーばりの流血だったらしい。
救急車に乗った瞬間に、名前、生年月日、血液型を聞かれてるのに、
「この小指だけは治してください!」って思わず言ってしまったのを覚えている・・・
かなりの焦りが覗える・・・が、意外とこのガタイの割に可愛い発言でもある!(w
と、同時に、俺は繊細なdrummerじゃないから大丈夫かも!?
と思ったのも覚えている。(w
あと覚えてることと言えば、手術台の上で全身麻酔がかかる直前に、
数十人の医師に向かって、「real of 白い巨塔っすね!」
と怖さ苦しさ紛れにボケてみたが・・・
医師団からの返答は無く、何かを口に当てられスヤスヤと眠らされた・・・
起きたら、病室で寝ていた。
麻酔は恐るべしだ・・・
話はだいぶ飛ぶけど、華麗なるリハビリにより、今は以前よりpower up状態だ。
顔も元通りになり、どうせなら整形すればよかったか?と後悔すらしている!(w
こんな笑い話にしちゃってるけど、心配をかけまくってしまった・・・
ホントにごめんなさい!
top secretにも関わらず、お見舞いに来てくれた方々、ありがとう!
友人は「補助輪付けるでぇ〜」と今なお言っているが・・・
補助輪が付くくらいなら、カレー大好きな黄レンジャーのが、まだマシだ!(素)
笑ってみるが、実は、この一件、俺の人生の中ではデカい一大事だったに違いない・・・
冷静に考えれば考えるほど興醒めする・・・
だって、叩けない体になっていたら、叩けないのだから・・・
叩けないってことは「BAND」が出来ないってことなんだから・・・
いかに自分にとって、「BAND」「DRUM」が大切かを思い知った。
そして、マジで神に感謝した。

とまあ、こんな感じで今年の上半期が終わり、
恒例のFuji Rockがやって来た!
まずは、Chadに報告すべきことがある。
運良く、Fuji Rockの前に、つのだ☆ひろ氏のサマースクールにて、
特別セミナーをすることになり、PEARL DRUMS御大と宿泊先に迎えに行き、
新幹線で一緒に越後湯沢に行くことになった。
定刻の時間からhotelで待つこと40分・・・(w
Californiaの大男は相変わらずの感じで現れた!
気さくな兄ちゃんだけど、この人って、「Red Hot Chili Peppers」のdrumだよな!?
この感じがまたスゴい好きなのであった!!!
(ヤベェ・・・)毎度毎度単なるkidsになりそうな瞬間である・・・
まずは、「前にやってたBANDの10年が終わったんだ・・・」
返ってきた言葉は、「で?」であった。
「それで、今はHappyなのか?Nervousなのか?」ということ。
「BANDなんだから色々あるさ〜RHCPだって・・・」と、自分のことを語り出してくれた。
この感じがまたスゴい好きなのであった!!!(再)
やっぱりこの人は偉大だ。
そこで終わるなら終われ。また楽しみたいなら楽しめ。決めるのは誰でもない・・・
お前だろ!?
シビレルな〜〜〜
この星条旗発言に何度励まされたことか・・・
とくに、母国日の丸A型の単純な俺は、この言葉で十分頑張れちゃうのであった。
この人を見ているだけで、LIVEよりもLIVEなのである!(w
書くまでもなく、特別セミナーも大成功!
その夜のFuji Rockのstageでは、ものの見事に噛まされた。
いや・・・簡単には書けない言い表せないくらいなSHOWだった!
いや・・・あの人たちは音を出して遊んでいた!
きっと、「人に観せる聴かす」んじゃなく「自分たちがどれだけhappyか!」を遊んでいるんだ。
それを大勢の人が観たがるんだ!
そんな人たちが全世界に居るから、あの人たちはWorld Tourをやっているんだ(w
カッコイイ生き方だよね〜〜〜
でも、よく考えると、誰にでも「チャンス」あることだよね。
別に音楽じゃなくても、ふつうに身の回りにあったり、自分自身の中にあることだったり!
「自分がhappyになるために遊ぶ!」
「遊んでたらとてもhappyになった!」
どっちでもいいけど、楽しそうだ!
って、その夜は思って寝た。
起きたら、大きな悩みが小さく思えてどうでもよくなってた・・・(w
RHCPは医者でROCKは薬か?
ROCKが医者でRHCPが薬か?
どっちでもいいけど、俺もなんか早くやってみたい!
って、新幹線で東京駅に戻って来た。

久しぶりに長文になってしまった〜〜〜
相変わらずの乱文で嬉しいだろう〜(w
そろそろまとめに入ろう。

ともかく、俺にとっては、そんな「今」!(w
やっぱり「ROCK」が中心でそんなことを思って楽しく毎日呼吸している。
性懲りもなく「BAND」がすべてである。
で、けっこう楽しい!(w
「今」3分間愚痴るなら同じ3分間で「聴かせたい!」と思っている。
時間はあるようで無いし、「気持ち」も無駄にしたくない。
歩んだ道のりは必ず「次」へ繋がって行くし、
そんな時に一緒に笑える仲間が居るし、
五体満足言うことを聞いてくれる体も持ち合わせているし、
笑われても叩かれても、笑いながら跳ね返せる自信が自分にあればいい!
いや、もしかしたら「勇気」だけでもいい!

大げさだけど、これが俺の「平和論」で、
休暇中に考えたことであった。
猛烈に「夢中」になれば第三者的な意見など言う暇もなく、
真剣な時間に当たり前に感じることを「可能性」に賭ければ、
世の中、そんなに時間が有り余ってないことに気付くだろう。
さっき書いた、医者か?薬か?の「ROCK BAND」”Red Hot Chili Peppers”と
時折、貸しstudioで見かける、スネアとシンバルとペダルを抱えて、
個人練習に入っていく若き少年drummerの輝きは同じことを俺に教えてくれる!
「可能性は無限大」ということ。
誰でも同じ平等な「可能性」を持ち合わせていて、
すべては「己」しだい。
またまた大げさだけど、
「今」37年間生きた、このギャップだらけな「時代」にすら感謝したい。
しょっぱい時代と言われているが、白黒ハッキリする良い時代でもあるから。
一本の「主張」という名の矢を放てば千本の矢が返って来る喜ばしい時代
喜んで矢を放とう!(w
世の中便利でいち早く情報は色々伝えてくれるけど、
伝えなくていいことまで見えたり耳に入ってしまったり、
曲がって伝わったりする。
数ヶ月前、あるニュース番組は、その週に亡くなった、いじめ自殺者の数をグラフにしていた・・・
神妙な顔はしてるが、やってることは、まるで円相場のようだった。
「円の動きと一緒かよ!?」
悲しみに輪をかけて悲しませてどうしたいのか?
そして、ケツも拭かずに次のニュースに移っていった・・・
俺にとっては涙ものの大作映画を観終わった後よりも切ない。
便利で不便なinternetは、いろんな意味でもっとたちが悪い時もあるけど、
いつの日か「当たり前な平和」が訪れることを祈りたい。
高望みはしないけど、せめて当たり前な・・・

ヤバい・・・まとめるつもりがまた長くなった!(w

とまあ、自分が生きてる世の中の出来事に当たり前の感情を抱き、俺は「ROCK」という麻薬で
精一杯表現して日々を感じている。
楽しい時は楽しいリズムを刻み、悲しいときは悲しいリズムを刻み、
気持ちに逆らわず表現することは何よりもの「明日」だから。
あとは、どんな状態からも笑わせてくれる、「ラーメンズ」と「高田純次」が居ればO.K!(w
奴らは俺の神だ!
で、「24」「LOST」「PRISON BREAK」の順で狂っている!
着メロは「CTU外線」だ!(w

色んな余談を挟み、相変わらず纏まりが悪いけど、
色んな意味で健在!ってことで・・・
ここまで、この視力低下斡旋の黒バック青文字長編戯言につき合ってくれて
ありがとう!
このsiteもなんだかんだで8年で・・・
そろそろもろもろ更新せねば・・・と思いつつ、時間が足りません。
相も変わらず不定期な気まぐれだけど、
「気」だけは、いつでも置いておきます!

たくさんのmailありがとう。
感謝!


ちょっと遅れたけど、Merry X’Mas ! baby Jesus !

そして、yoi otoshi wo ! (otagaini)

peace and love.






GREATZ “jikotta” UPPER