2024 (5)
2023 (16)
2022 (16)
2021 (15)
2020 (16)
2019 (15)
2018 (15)
2017 (14)
2016 (14)
2015 (13)
2014 (17)
2013 (11)
2012 (21)
2011 (20)
2010 (36)
2009 (27)
2008 (11)
2007 (19)
2006 (2)
2005 (11)
2004 (37)
2003 (22)
2002 (72)
2001 (41)
2000 (55)
1999 (45)

paranoid…

2002.4.1.
激ヤバなhigh tensionでございます!
今、普段よりも100倍楽しくて辛い期間でございます!(笑)

心地よい苦悩の日々だ・・・
と、同時に本日から所属事務所が変わった。
古巣のZOOM REPUBLICを離れ、T’s Crimeと言う事務所に移籍した。
昨年半ばから悩みの種でもあった事務所問題もこれでクリア!(ホッ)
やっと、思う存分、LIVEが出来!ALBUM制作にも取りかかれるのだ。
今までお世話になったZOOMには、本当に感謝している。
ありがとうございました。
新たに契約した、T’s Crimeには、これから世話かけますよ!って感じだ!(笑)
僕らは音楽を創ると同時に、様々な事も考えて行かなければならない。
そこには、たくさんの人間模様や人間関係がある。当たり前の事だが、出会い別れがあって、
出会いたくない奴と会う事も、別れたくない人と別れる事もある・・・
業界様の色んな話を聞いていると、とてつもなくdirtyな社長さんも居るようだが、
僕らはまだ本物のdirtyには出会っていない!(大笑)遭いたくもないが・・・
って言うか、、、僕らにはbig businessの匂いがしないのだろう・・・(爆笑)
結果とは最後に笑う事であって、僕らには未来しか有り得ない以上、何の焦りも無いのだ。
むしろ、偶然や裏技を使ってのし上がったartistが勘違いしたまま藻掻いてるのを見て、
哀れにすら思う余裕がある。
順番が振られるこの世界では、きっとNO.1が一番いいのだろうが、僕は素直にそうは思えない。
いや、きっと、今の自分はそんなプレッシャーには耐えられないから、そう思うのだろうか・・・
まあ、そんな事は実際になってから感じればいいし!(笑)
誰でもNO.1になったらNO.2にはなりたくないものだし、NO.2はNO.1を有りとあらゆる戦法で追いつめるだろう。
話は反れるけど、F1を観ててこんな事を思う。
開幕戦のオーストラリアで、誰もが予想通りの結果が出た。
1位は当然の事のように、FerrariのMichael Schumacherだ。
当然の事のように得意のガッツポーズ!開幕初戦を1位で飾ったのだから、さぞ嬉しいだろう。
TVを観てても当たり前の1位だし、別段不思議は無い。むしろ、今じゃ1位じゃなきゃおかしい位だ!
ところが、表彰台にも上がれない5位でcheckerを受けたMinardiのMark Webber・・・
もの凄いガッツポーズだ!!!それこそSchumacherなんて比じゃない位、天高く拳を突き上げた!
きっと、ヘルメットの中は、涙でいっぱいだったと思う。
まるで、World Championにでもなったかのようだった!
彼はオーストラリアが地元だし、自己bestでもあるし、Minardiにも奇跡的な出来事だ。
僕はあの喜びようを観て、大ファンになった。
まったく無名に近いF1 racerでも、往年の記録を持つ今では古びたteamでも、あそこまで喜ぶ事が出来る!
素晴らしい5位だし、彼らにとっては、1位以上の事だろう!
さぞかし、その夜は呑んだくれたろうな!(笑)
そして、いつかきっと!って、もう一度手綱を締め直しただろうな!
この日は、race中、数々のtroubleが勃発し、普段上位にいるdriverがバタバタretireした事もあったにせよ、
あんなに素晴らしいrealを魅せてくれたFormula 1は、やっぱり素晴らしい!
僕が大嫌いなSchumacher・・・当然上位のバタバタcrashの中にいたが、難なくclear・・・
そろそろ本物の怪物として認めなくてはならないか・・・(汗)
F1とは、速いものに華がある世界だけど、時には、華を輝が越える事もあるのだと思った。
僕の生活の中では、別世界とは言え、大いなる刺激の一つだ。
もちろん、音楽には一番刺激を受けるが、繋がりが分かるだけに、幸か不幸か自分なりの判断をしてしまう・・・
あくまでも自分なりの解釈で!
今年に入って、怪物の来日ラッシュだった。P.O.D.やIncubusや$lipknot・・・
恵まれた日本では小さい小屋で怪物を拝む事が出来る!
先日、$lipknotのNKに行ったが、あの威風堂々の暴れっぷり・・・こっちが倒れそうになった・・・(笑)
気が付けば一流。もうmuskを外しても変わりは無いだろう!でも面白いからしてて欲しい!(笑)
もうすぐ全世界のmusicianを震え上がらせたTOOLが来日する!それもLIVE HOUSEで・・・
出来れば僕用の救急車を用意して欲しい位だ・・・(切実)精神的にもヤラレルだろうな・・・
もしかしたら、考え方をすべて否定され、何も手に付かなくなり、お先真っ暗にされるかも知れない・・・(爆笑)
それぐらい、用心して観なきゃいけないし、怖い存在だ・・・
一足先にkornの新譜が届いた!”Untouchables” 内容は、その名の通り”Untouchables”だった・・・
僕にとって、怖いくらいkornは激しくて強くてモロい・・・
今、一番、来日が待ち遠しい存在だし、何だったら合衆国のtourにでも行きたい位だ!
と、音楽的刺激を挙げたら切りがないわけだ。

さて、今、何をしているかのお話!(←やっとか!?)
無事にBAND YAROUZEの連載も1年間やり遂げ!?(笑うとこ)
1ヶ月に1回の近況報告も無くなったので、ココでそれらしい事でも始めようかと思う
戦友でもある、BAND YAROUZE編集長 吉田氏にも、心から感謝したい!
連載・・・情熱論、根性論、、、ばかりですまなかった・・・(大爆笑)
3月半ばより本格的に曲創りが始まり、想像の日々が続いている。
何も無い白い画用紙に絵を描いて行く事は、楽しいし、自由だけど、、、
当たり前に煮詰まるし、瞬間的に自信を喪失する事もある。
創ったモノを壊し、骨を拾い集め、またぶっ壊し・・・
作業の中で一番、神経過敏だ・・・(笑)
ある意味、精神異常を来している・・・
自分のことが大好きになったり、大嫌いだったり、
晴天なのに鬱だったり、悪天候なのに晴れやかだったり、
時間が足りなかったり、持て余したり、
24時間が1分間に感じる事だってある。
浮かばなければ何かに当たり散らす事だって日常茶飯事・・・
ここまでは想像の世界!
録りが始まれば、集中の時間・・・無音のstudioでは足音さえも気になる。
心臓の音がデカく感じるんだ・・・これも録れちゃってんじゃないの?って感じで!(笑)
赤いrecランプがついた途端、僕らは全身全霊で弾き出すのさ!
失敗すればやり直しがきく、recording作業っつうやつだけど、信じてた自分のplayに一度でも
missがあると、立ち直るまで質が悪い・・・
僕みたいな一発集中屋は、特にそうなんだ・・・(苦笑)
そこだけやり直す・・・なんて考えた事も無い!そりゃ”嘘の演奏”になるからな!(笑)
そのまま引きずり深い所まで考えちゃうと、普段さり気なくやってる事まで出来なくなる時がある・・・
そこまでいくとダイブ重傷・・・(汗)
そう言う時は、”お前もまだまだだな・・・”って自分自身を笑うしかない・・・(爆笑)
今までもそうやって表現し、身を粉にして来た。
今想うすべての感情を1枚のCDに封印するのだから、壮絶なenergyを要するのさ。
希望があるから、立ち向かって行ける事だし、仲間が居るから成せる事なんだ!
1つでも欠ける事があれば、僕にはbandは出来ないし、音楽も出来ない。
それがあるからこそ、人生を賭けれるのさ!
下手にbusinessを考えて、小金を稼ごうとしてるんだったら、とっとと止めちまえ!ってな!(笑)
4/4は、十になり百になり千になり、、、未知なるものを産み出すのさ!
振り返れば、この苦しい時間も笑って過ごせる明日が必ずやって来るからこそ、今を楽しめる。
一人で喜ぶんでなく、仲間みんなで喜べる!
毎日、狂いながら渾身の力を込めて創ってるよ!
長くなったけど、何が言いたかったかって言うと、

夏に出る次作は期待していい!
そして、それ持参で全国に遊びに行くよ!
CRAZEの底力をお見せしよう!(ニヤリ)


4/4’ll b unknown
pEACE



P.S こんなstudio workが続いているので、LIVEには、いつも以上に飢えている・・・
4.13のAXは、思う存分!遊ばせてもらうよ!(再ニヤリ)
ちなみに、6.10にKAWASAKI CLUB CITTA’のイベント出演も決定した!詳細は知らんが・・・
こうなったら5月も無いか!?(爆笑)